akimichi design nikki

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

玄関扉を考える

b0131531_10293066.jpg
                                                      photo 西川公朗

『玄関扉を開けた瞬間に道を歩いていた他人と目が合って、なんだかちょっと気まずい気分になる・・・』

まだ素のままの無防備な状態で、社会的な自分に切り替わってもいないのでちょっとドキッとしてしまう。
小心者のせいか私にはよくある・・・。

扉を挟んでプライバシーの境が生まれる玄関扉は、設計者の気の使い方が出ると思っています。
上の写真では左手がすぐ道路ですが、囲いを設けてちょっと露地状にして玄関を奥に設けています。
ポストもインターホンも、この露地状部分の手前にあるので家族以外は入ってこないようになっています。
庇も大きく設けているので、雨の日に傘をたたむ時にも、子供たちの帰宅時に雨がっぱを脱がせるにも便利です。

何より、このわずかな露地状の空間の中で「素の自分から社会的な自分」またその反対という
人の小さな心理的な移り変わりに一役買える空間となっていることが大きいです。
人の気持ちの変化を空間によって、違和感なくグラデーションのようにつなぐことができるのは、
まさに建築の醍醐味だと思っています。

もう一つ。玄関扉の他に通風用の網戸も仕込んであるので、その防犯も考慮して露地状空間を設けました。
玄関扉を引き込んで網戸にしても、家の中を人に見られる心配がありません。
マンションに住んでいる方ならば経験があるでしょう。
玄関扉を開け放つと風がとてもよく抜けますが、この家はまさに風の通り道があるわけです。

b0131531_19213268.jpg
                                  photo 西川公朗

          ↑ 写真は玄関扉を引き込んで網戸にした状態。正面には板塀の露地状空間。

もちろん、制約があって露地状空間を作れない場合は、せめて道路に対して角度をつけて相対さないようにする。
玄関扉をあけても家の中が丸見えにならないように工夫するなど、制約の中でできることをしています。

しかし、この網戸のある玄関はいいものです。風の行き止まりがないというか、潔さみたいなものがあります。
今後も機会があれば作っていきたい設えです。

[PR]
by slowlide850 | 2018-03-09 20:13 | architecture | Comments(0)

お茶とお菓子 横尾

b0131531_18113837.jpg

吉祥寺にあった『お茶とお菓子 横尾』のファンでした。
美味しい食事やお菓子も好きでしたし、横尾の内装には他にないものがあって好きでした。

恵比寿の隠れ家のようなマンションに当時はひっそりとあった『タミゼ』が内装を手掛けたと聞いて、
どんなんだろう?と開店まもなくの頃に訪れたのを覚えています。
初めて訪れた時の感想は「ちょっと退廃的でなぜかバウハウスを思い出す内装」といった印象でとても新鮮でした。

良くも悪くも建築家というものは、きちっと空間をつくってしまう性があります。
これは、建物の構造という秩序が支配するようなところから空間を考えていくからだと思っていますが、
横尾のような雰囲気はなかなか建築家には作りだしにくい。
かと言って素人が手掛けた内装というのは、よほどセンスでもない限り、プロの身からすると・・・。
昔の数寄屋建築は、建築家ではない数寄者がそのセンスを競うように普請していたわけですが、
横尾に建築家にはない、そうしたセオリーを無視した笑、自由さみたいなものを見たような気がして面白かった。

その横尾が復活したと聞きました。すでに混雑しているというからさすがです。
今度は、同じ吉祥寺ですがもう少し駅からは離れるようです。
写真の冊子は、11年間の思い出にと作られた関係者向けのものです。
妻が短期間ですがスタッフとして働いていたことから頂いたものです。
この冊子がまた「横尾」的で素敵です。

[PR]
by slowlide850 | 2018-03-06 17:51 | cafe | Comments(0)