akimichi design nikki

<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

素材

上座の家の素材に高価なものはありません。
室内の家具も建具もラワン材以外は使っておらず。
壁は塗装、縁甲板はカラマツ。外壁には焼杉を用いて屋根は鋼板波板葺き。
素材数をできるだけ抑え、簡素でありながら豊かな空間を作ることが主題でした。

生活がはじまると生活の道具が空間に加わりますし、
建築側の素材数は多すぎないこと、ちょっと少ないかなくらいでちょうどいいと思います。

b0131531_11394267.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2016-02-29 11:42 | architecture | Comments(0)

西日

上座の家は西日がとても強い敷地。
主要室は西側に設けていない。

西側にある洗面所。
そばにある小さな林を借景にしたくて高窓で視線を抜いている。けれど西日対策で小さな窓。
でも、そのちらりと見える具合がいい。

b0131531_10541645.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2016-02-23 11:17 | architecture | Comments(0)

小さな村の物語 イタリア

TV放送の「小さな村の物語 イタリア」が好きでよく見ている。
自然光が上手に撮影されていて毎回いいなぁと思う。

もう一つ。家々のダイニングキッチン(DK)がいい。
日本ではLDKという間取りがいつの間にか当たり前のようになってしまって、
まず独立キッチンやDKという希望をされるクライアントは少ない。
ただ私が住んでいる家が独立キッチンなこともあり、改めて独立キッチンの良さやDKの利点の多さを考える。

小さな村の物語では、小さなDKに家族が寄り添い ”mamma”のおいしそうなご飯を食べているシーンが多い。
たいていは天井も低く食卓も小さめで、窓も決して大きくはない。親しみを生むスケール感。
こうして家族が寄り添う風景はDKならでは、素敵だと思う。

ご希望されるクライアントがいらしたら、
ぜひそんな親しみを生むスケールでダイニング空間を設計してみたい。

b0131531_11334463.jpg

              北烏山の家 こちらはゆとりのあるDKとして設計している。
[PR]
by slowlide850 | 2016-02-19 11:46 | architecture | Comments(0)

湯河原の石葉は若草山山中にあるため、瓦屋根越しに遠く稜線へと抜ける眺望が見事です。
緑も深く窓を開け放ちたくなる環境です。

一方都内などではなかなか周辺の眺望が望める敷地はないものです。
隣家は迫り見渡す街並みもカオスとしては面白くとも、美しいかといえば否。

設計ではどれくらい外の街並が見えるようにするかよく考えます。
まるで外と接点のない洞窟状態では閉塞すぎるし、いたずらに取り込めば雑な空間に。
按排の良い窓をあれやこれやと考えます。

b0131531_10292319.jpg

              石葉 窓
[PR]
by slowlide850 | 2016-02-15 10:40 | architecture | Comments(0)

白落光

上座の家 
廊下に落ちる静かな光です。

波板鋼板屋根を利用した低コストのトップライトです。
トップライトは雨漏りしやすい個所なので、
施工中幾度となく漏水チェックを行って設けています。

ほしいのは拡散光なので、断熱を兼ねて開閉式のアクリル板に透過させています。
開閉式なのは、どうしても侵入する虫の死骸や埃掃除のためです。
脚立は使わずにロフトから開閉し掃除できる位置に設け、メンテナンスを容易にしています。
ペンダント照明の電球もロフトから交換できるようにと考慮してあります。

機能に寄り添いながら光をもたらすトップライトです。

b0131531_10563935.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2016-02-11 10:57 | architecture | Comments(0)

金繕い

お猪口の割れ金繕い。
妻の知人が快くしてくださった。
捨てようと思っていたからなんとも嬉しく、ありがたい。

b0131531_11324422.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2016-02-09 11:35 | life | Comments(0)

9万キロを越した愛車からオイル漏れ。
だましだまし乗っていたけれどひどいので修理に出す。。。
代車に楽しそうな車が来たので仕事を放棄!?してドライブへ。

b0131531_11201847.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2016-02-08 11:22 | mini | Comments(0)

建具

建具の高さが低いのは事務所の特徴の一つだと思います。
1800mmで統一されています。
勿論クライアントの身長次第ではありますが低くはありません。
体感されると実に落ち着く寸法です。

建具のプロポーションも縦横比のバランスがとれて、実にすっきりとします。

b0131531_1022916.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2016-02-04 10:09 | architecture | Comments(0)