akimichi design nikki

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

リトルキャロル

小学校の同級生がリトルキャロルという女性コーラスグループに所属していて、去年に引き続き
紀尾井ホールでのクリスマスコンサートに行ってきた。

元東京放送児童合唱団(現NHK東京児童合唱団)のメンバーで結成されたものだそうで、
昨年はなにも知らずに聴きに言って、そのすばらしさにびっくりしたのだった。
すばらしい歌声を聴きながら、今年を振り返る。
震災を思わずにはいられない。
人の声とは、ともかくシンプルに余計なものをそぎ落として心の深くに響く。
歌の力とはすごいんだなぁ~。と思う。

メンバーは仕事を抱えながらの両立なんだそうである。
ステージに立つ方々への拍手は、そのコーラスのすばらしさはもちろんのこと、
その努力に対しても向けられた拍手であろう。

一つのことに向かう姿は昨年同様素敵だった。
b0131531_1059321.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-12-25 10:29 | life | Comments(0)

サイクリング

小学生の頃は、自転車をよく改造していた。
泥よけをとり、ライトをとりはずし・・・果てはどこからか
見つけてきたアルミのドロップハンドルを糸ノコで切断して
ブルホーンハンドル車に改造して、自宅から5キロ先のポイントへの
往復の時間を計って遊んでいた。
いっちょまえに個人タイムトライアル気分だったのだろう。

その後、ギターにのめりこんでロードバイクの世界には入らなかったけれど。
大学時代に、北海道横断自転車1000kmの旅をした。

あれからずいぶん経つが、めぐりめぐって
ようやくロードバイクの扉を叩いたんである。
手始めに、自宅から10秒の多摩湖自転車道の始点から
多摩湖を一週して戻ってくるサイクリングに出かけた。
b0131531_2072420.jpg

とってもたのしい。
あっという間に着いた。
そして、つま先が攣った・・・
b0131531_207483.jpg

b0131531_208446.jpg

b0131531_2081962.jpg

つま先を休ませてから帰宅。
2時間のとてもいい運動になった。
[PR]
by slowlide850 | 2011-12-20 09:25 | roadbike | Comments(0)

枇杷の家

中野区は新井薬師で、住宅改装+同敷地内に1階を工房、
2階は将来賃貸利用も可能なロフト付きワンルームとなる新築計画の
設計をさせて頂いている。

毎回のようにお施主さんに設計打ち合わせの後ごちそうになる。
こんな楽しい打ち合わせもない(笑)

新築側工房に移るお施主さんのお父さんからはウィスキーをごちそうになる。
しかも、ジョニーウォーカーのブルーラベル!
これがもう、おいしい。ジョニ黒とはまったく違う一品。
トロけるように夜おそくまで長居してしまいました。

来年の春先の着工を目指していっそう設計に力が入る。
改装計画を、リビングから眺められるところにある
枇杷の木から枇杷の家と名づけた。
仏典では薬王樹として呼ばれる枇杷の木を、
健康のお守りのようにして寄り添う家となってほしいと
願ってつけさせて頂いた。

b0131531_10544589.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-12-19 11:14 | architecture | Comments(0)

デザインコレクション

銀座へ出かけたおり、リニューアルされた
松屋銀座のデザインコレクションをのぞいてみた。
内装を深澤さんが手がけたのだと聞いていってみたのだ。

日本デザインコミッティーの方々が選定した商品がならぶ、
そして選定者自ら解説のコメントが
添えられてあって面白い。
一つ一つ、読んでいくとある種の美術館のようでもある。

という訳で、森正洋氏の白山陶器、湯のみを購入。
ここ一月ほど使ってみると、我が家ではお茶をいれると
熱くて持てないとして、いまいちな結論。。。
かなり、少なめにお茶を入れないといけない。
そんな上品に暮らしてはいない我が家では、
不向きなよう。

使わないとわからないことは多い。
未だ、我が湯のみが決まらない。。。
いや、出会う楽しみが残っているというべきか。(笑)


b0131531_10392496.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-12-16 10:45 | life | Comments(0)

幸せの方程式 その二

我が家の方程式、近所編。

なんのことはなく"ハケ"。
つまりは、国分寺崖線への散歩。

玉川上水脇の道を西へ、ジブリスタジオを経由して、
野川公園・武蔵野公園を散策して、オーブンミトンへ寄って
戻ってくる。
20キロほどのサイクリングになる。
b0131531_855357.jpg

b0131531_8555597.jpg

b0131531_8565985.jpg

b0131531_8574324.jpg

b0131531_8575899.jpg


ハケは、車で見て回るところではないから、人がいない。
いつでも落ち着いた雰囲気で迎えてくれるのである。
行って帰ってくると、もうすばらしい一日になっている。

この方程式に、もう少し南下して深大寺を含めても
もちろん答えに、深大寺そばが導き出されてうれしいし、
途中、調布飛行場のプロペラカフェに寄ってもいい。
案外、自転車での行動範囲は広い。
[PR]
by slowlide850 | 2011-12-11 17:17 | life | Comments(0)

甘い野菜たち

我が家のまわりは、雑木林で高い建物もなく。
幹線道路への道は、いまどき砂利道である。
いちおう東京なのだが、アスファルトより
土の面積の方がはるかに多いところ。
朝、ドアを開けると高原にいるように、林のにおいが香る。

そんな一角の賃貸住居に入居しているのだが、
ウチのお二階の方とは、この環境めがけて住んだ者同士なせいか、
お互いにとても気が合う。

そんなお二階さんからの頂き物。テーブルいっぱいの野菜。
とれたての野菜。
テーブルの上の幸せな光景。
夫婦で小躍りである。
ありがたい。
b0131531_1001765.jpg

早速頂くと、キュウリも白菜も甘い。
おいしい。
ああ、しあわせだぁ〜。
b0131531_10105260.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-12-09 10:12 | life | Comments(0)

幸せの方程式

我が家には軽井沢へ行く際の鉄板コースというのがあって、
もはや”幸せの方程式”となっている。

それは。
佐久のおそば屋さん草笛
b0131531_18585682.jpg

b0131531_18593077.jpg

エンボカ
(画像は一昨年の冬です)
※追記:2011年11月25日に全焼により休業中だそうです。
※再追記:現在旧軽井沢に移転して営業再開しています。
b0131531_1912296.jpg

丸山珈琲本店
b0131531_1924525.jpg

星野温泉トンボの湯でお風呂
b0131531_1932631.jpg

これで間違いなく我が家はほがらか〜になる。

他にも、
アトリエ・ド・フロマージュの
エスカルゴとポテトの窯焼きニンニクバター風味でも
方程式はピタリと幸せを導き出してくれる。
そして、けっしてショッピングモールに立ち寄らないことも
方程式には欠かせない。
休日に人がわんさかいる所には踏み込まないんである。
それもこれも、volvoあっての公式だったわけで少々さみしいが。。。

幸せの方程式を少しずつ見つけるのが楽しい。
b0131531_195159.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-12-08 19:08 | mini | Comments(0)

The International House of Japan

ちょっと前のこと。
六本木へ出かけたついでに、以前から行きたかった
国際文化会館へ行ってみた。
喫茶と庭は一般の人でも利用できると聞いたからである。
b0131531_10451478.jpg


旧岩崎小弥太邸敷地跡に1955年に竣工した建物だそうで、
もちろん設計は、前川國男、坂倉準三、吉村順三の共同の旧館
そして、前川さんの新館である。
宿泊の部屋や図書館を見ることはできないが、
外観の水平が強調されたデザインは見ることができる。
b0131531_10485722.jpg


はたして、巨匠3人がどう協調しているか細かいことは無知なのだが、
エントランスロビー、喫茶の天井の低さ、
バルコニー手すり意匠、軒、柱。
そこかしこに散見できる洗練された日本的な意匠がうれしい。
ではそれが懐古趣味かといえば、
巨匠をしてモダンは遜色なく生き続けている。
さすがは、モダニズム名建築に数えられる傑作である。
近年解体の話があったが、修復保存がなされた。
おかげで見ることができたのだ、ほんと良かった(笑)

ちなみに喫茶のコーヒーはじつに平凡な味でした・・・
そして、建物ばかりに集中し、国の名勝である庭の記憶がない、
写真もない。。。
駐車場には、もちろんBENZ、BMW、audi、land roverと、
ほんとに国産車が一台も停まっていなかった。
内3台は外交ナンバーである。
なかなか敷居は高いんである。
(そんなとこは見るのに庭を見ない。。。)
b0131531_1103310.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-12-07 11:28 | architecture | Comments(0)

850

オドメーターの長期不動期を含めると、15万キロに達していたであろう
我が家の愛車96年式volvo850は、先日軽井沢に最後のドライブに行ったその翌日。
新横浜のカムズファクトリーにて、廃車となった。

ダークシルバーという、ただでさえ地味なvolvoの中でも、
もっとも地味なこの色が好きだった。
この嗜好を理解してくれる人は稀だろう。
というか、一度として色をほめてくれる人はいなかった。。。(寂しい)
b0131531_19403944.jpg


母親に言わせると、私は小さい頃からvolvoが好きだったらしい。
小学生高学年の頃には自覚するくらいvolvo好きだった。
しかもそれは、volvo240である。渋い小学生である。
だから、当然大人になるとvolvoに乗った。

ただ、15万キロを越えるとそこからは、完全に趣味の世界である。
オイル下がりもだいぶひどく、そろそろオーバーホール。
足回りのブッシュとアームはすべて交換。
エンジンマウントも交換したい。
コンプレッサー交換
あげればキリがない。
維持には、それ相応の覚悟がいるのである。残念。

そして、我が足となる車が変わった。
今度はなんとイタリア車である。
名前をgiosのフルボという。ボルボからフルボ

b0131531_19472827.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-12-04 20:09 | mini | Comments(0)