akimichi design nikki

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

京都cafe

今回訪れたカフェ・喫茶のまとめ

六曜社
味わい深い。
b0131531_1651213.jpg


小川珈琲
遅く行ったからまっくら看板写真のみ。
喫茶店な珈琲を堪能。
b0131531_16523694.jpg


イノダコーヒ
老舗ならではの落ち着き。
b0131531_16545759.jpg

b0131531_16552060.jpg


b0131531_16582092.jpg

b0131531_16585298.jpg

b0131531_16593282.jpg


Bird
truck向かい。
飛行機の時間で食事はできず、残念。
b0131531_1704772.jpg

b0131531_171011.jpg


京都の珈琲というのは。。。などと語るつもりはない。
ただ、六曜社にしてもイノダコーヒにしても、なつかしい味である。
カフェなどといわず、喫茶店である。
酸味を残す味わいがよりそう思わせるのだと思う。
イノダの生クリームと砂糖をはじめから入れてサーブされるのは
新鮮でおもしろかった。
ぜひまた来訪したい。

おまけ。
祇園
b0131531_17754.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-05-28 17:08 | cafe | Comments(0)

大阪 day3

大阪駅について、お好み焼きを食べようということになったが
あまり時間はない。
近場で検索すると、きじというお店が出てきていってみるのだったが。。。
b0131531_16144087.jpg

じっくりとゆっくりと焼きあげるので、ものすご〜くおそい・・・
じつに45分待ってようやく出てきた。うなぎ屋か!
最初に言ってくれればよいものを、配慮なんてものはないのである。
こんな回転で商売成り立つんだろうか。
こちらは、次に行きたい所もあるんである。
これで美味しくなかったら、悲しくなるが・・・
しかしこれがふわふわですんごく美味しい。
待ったことなど忘れて一気に上機嫌。美味しいものの力はすごい。

b0131531_16202543.jpg

さきを急ぐのは、truckに行きたいからで。
はじめての来訪である。
まず、これが新築というのがすごい。
建物もすごいが、植栽も何年も経過しているように見えるが
新築時に植えたという話で聞いている。
ポリシーを貫いている。
b0131531_1626228.jpg

b0131531_16263795.jpg

一通り、座り心地やらテーブルの風合いやらを味わってくる。
ちょっとした小物をお土産を買った。
これで旅を終え、羽田への最終便で大阪をあとにした。
[PR]
by slowlide850 | 2011-05-28 16:36 | life | Comments(0)

京都〜大阪 day3 

昼過ぎに、茨木に向けて経つ。
これを観ずに今回の旅は終われないのである。
茨木に着いてバスで10分くらいだろうか。
降りたバス停から歩いてほどなく見えてくる。
茨木春日丘教会、通称「光の教会」である。


光の教会
b0131531_15453884.jpg

b0131531_15455497.jpg

b0131531_1546654.jpg

b0131531_15463697.jpg

b0131531_15471043.jpg

日曜学校
b0131531_15474813.jpg

b0131531_1548426.jpg

b0131531_15482140.jpg

木造住宅
b0131531_1549250.jpg


鳥肌のたつ建築にたまに出くわす。
光の教会内部に入って、正面を見た時にゾッとした。
スケールといい、ミニマムな設えといい。
何よりその光が感情を支配してしまうのだ。圧巻。

受付にいた方に、建築当初その後の裏話を教えて頂いた。
それを聞いていると、実にこの建築は愛されている。
寒くて、使い勝手に不満があっても、暗くてしかたないにしても
街の愛されている教会である。大切にしてもらっている建物なのである。
この建築によって運命が変わったであろう人々は多いのだ。
安藤さんの建築は、閉ざす建築である。
しかし、その象徴性により閉ざす必要を生む建築である教会では
安藤建築は、その真価が一番現れるのかもしれない。
いいものを観れて幸せな時間だった。
[PR]
by slowlide850 | 2011-05-28 16:06 | life | Comments(0)

京都 day2

嵯峨というところも行ったことのない所だった。
ホテルにはコンシェルジュがいて、嵐山までは嵐電がおすすめだと
教えてくれた。なるほど、路面電車だから気持ちいい。
こじんまりしていて楽しい。
着いた嵐山の駅に見覚えがある森田恭通さんのデザインである。
駅にしてこの暗さ。
b0131531_1422954.jpg

b0131531_14232479.jpg


この橋の風景だけで、強烈に日本の風景を感じる。
もうDNAに染みいっているものなんだろうか。

b0131531_14262163.jpg

b0131531_1427267.jpg

自転車で竹林をぬけて行く。
b0131531_14292667.jpg

常寂光寺
b0131531_14302270.jpg

b0131531_14304847.jpg

b0131531_1431137.jpg

b0131531_143222.jpg

祇王寺
コケコケコケ。
ものすごく美しい。
b0131531_14324445.jpg

b0131531_1433089.jpg

念仏寺
b0131531_14361322.jpg

b0131531_14363953.jpg

途中に見つけたこの門がすごくいい。
b0131531_14383861.jpg

お昼を食べて、ドーナツと珈琲で休んで。。。
b0131531_1439076.jpg

b0131531_14391430.jpg

嵐山造園の宣伝部長のイソロクくんに遊んでもらい。
b0131531_14403513.jpg

b0131531_14404720.jpg

嵐山の駅の足湯に浸かると、足が軽くなってホテルまで帰れる。
なんてやさしい配慮だろう。嵐電ありがとう。
b0131531_1573595.jpg

day2も満喫である。
[PR]
by slowlide850 | 2011-05-28 15:06 | life | Comments(0)

京都 day1 つづき

哲学の道という響きはなんとも魅力的だ。
その道を歩けば、なにか一つ二つの真理を得られそうな
気がしてしまう。
実際、哲学者・西田幾多郎が思索とともに散策したことが
名の由来とある。
たしかに、この道は心静かになれそうだ。早朝などは人も少なく
哲学とはいわずとも、頭の整理がつきそうだ。
家の近所にあったらいいのになぁ〜。
b0131531_17243382.jpg


宿までの帰路、TIME'S Ⅰ/Ⅱを見て行く。
1984年竣工なので27年経ているけれど、比較的キレイな外観。
言わずと知れた建築である。
実際、その立地・環境をこの目で見てもとても素敵な建築。
ボクは、設計者の意図がしっかりと伝わってくるものが
いいなぁ。といつも思う、あまりコンセプトチックな物より
素直というかその場所になじんでいるような建築。
やはりTIME'Sは名作でした。
b0131531_17373668.jpg

b0131531_17381254.jpg
b0131531_17375457.jpg


今回どうしても訪れたかったのは、京都国立博物館。
前回も回れなかったその地には、谷口吉生氏設計の南門がある。
竣工10年だそうだが、微塵も変遷などない。
いつものように、恐ろしく目地という目地が通っている。
自称目地マニアとしては、ここもまた新たな聖地のようだ。
う〜ん再来年だったろうか、平常展示館の竣工がまちどおしい。

b0131531_18133560.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-05-22 18:14 | life | Comments(0)

ちょっとした特技

ちょっとした特技があります。
これがあるからと言って、得も損もしない人畜無害なもので
宴会の一発芸にでも使えればいいのだけど。
宴会には車は持ち込めないし、見たところですごーく
ふぅ~んという感想しかないと思う。

そ・れ・は・・・

左足で、運転できるんです。

アクセルとブレーキを左足で操作しちゃうんです。
どーなんでしょう。
すごいんだかすごくないんだか微妙だなぁ。
ちなみに、右足でアクセル、左足でブレーキもできるんです。

練習したわけではなくて、やったらできたんです。
昔、カートをやっていたのは関係あるかもしれません。
あれは、レーシングカーですから右足アクセル左足ブレーキです。
よくラリードライバーは左足ブレーキを使いますが、あれは姿勢制御や
アンダー解消に使うので、特殊なテクニックです。
一般道であんなテクニックはいりません。
なのでやはり、ふぅ~んと言う感想しか生まれてこない特技なワケです。
せっかくの特技だけど、なんだか少しさみしい。
だからここで、そっと書いておきます。

左足で運転できるんですよ。

すごいでしょ。。。
[PR]
by slowlide850 | 2011-05-18 17:26 | mini | Comments(1)

もうひとつのブログ

じつは勤務先でもブログを書いている。

こちらも覗いてみてください。

リオタデザイン staff blog

どちらも棲み分けせず、気ままな内容です。
[PR]
by slowlide850 | 2011-05-18 09:50 | architecture | Comments(0)

京都 day1

GWに京都へ行った。
3年前に龍安寺の石庭を見て以来久しぶりの京都で、
最近は遠出もしていなかったから楽しみにしていたのだ。

大阪空港行きの始発飛行機に乗る。
なんと自宅西東京市から羽田の駐車場まで45分!で着いてしまう、
朝の高速を巡航100km程度だとこんなに近いのだ。
昼間いかに無駄な時間を使っていることだろう。
結果早く着きすぎた。。。 

b0131531_1102392.jpg

b0131531_1125079.jpg

b0131531_113843.jpg


今回の京都は、テーマというほどではないけれど
できるだけ京都の生活とか日常風景の街を見たいこともあって
その3日間を自転車で巡ることにした。
これなら、どんな路地でもすいすいぬけて行ける最強アイテムである。

チャリに乗ってまず、錦市場へ行ってみる。
京都の台所らしく、漬け物から京野菜と並ぶ。
試食しながら進む。つまみ食いおいしい。
b0131531_11143597.jpg

b0131531_1115695.jpg

b0131531_11152871.jpg

b0131531_11154167.jpg


試食でおなかがへったのでお昼ご飯。
b0131531_11361116.jpg

漬け物とお味噌汁とダシ巻き卵が美味で、京都を感じさせてくれる。


市場を離れ、行ったことのない哲学の道へ。
途中、前川國男さんの京都会館を拝見。
b0131531_11251986.jpg

b0131531_11253143.jpg


京都会館側の私設美術館、設計は大江匡さん。
中には入らず外観拝見。
b0131531_1133512.jpg


次回へつづく。
[PR]
by slowlide850 | 2011-05-15 11:38 | life | Comments(0)

武蔵野公園

オーブン・ミトンから
わずかの距離に都立武蔵野公園がある。
ハケの湧水をあつめて流れる野川が園内に流れ、とても気持ちがいい。
野川沿いは片側が崖線、その対岸も緑にあふれ、
周囲には住宅もマンションも一切見えてこない。
b0131531_10491146.jpg

おまけに、へんに整備されすぎていないので
一瞬、北欧の風景のようにみえるとはいいすぎだろうか!?
b0131531_10531733.jpg

b0131531_10541068.jpg

b0131531_10581273.jpg
b0131531_10573852.jpg

武蔵野公園から東八道路をはさみ、野川公園がつづく。
こちらは、もとは国際基督教大学(ICU)のゴルフ場だったところで、
小さい頃は家族でよく来ていた思い出深い場所である。
公園をでて、しばらく東八道路を東へゆくと
現代美術家の荒川修作による分譲集合住宅「三鷹天命反転住宅」などもある。
b0131531_119719.jpg

ただの奇抜極まる建築と思いきや、そうでもない。
子供にはたまらないと思う。
たしか短期滞在もできたと思う。
養老孟司氏と、宮崎駿監督の対談集である「虫眼とアニ眼」にも
荒川さんは登場していて、子供への視線があたたかい。
この本に描かれた街は、とっても素敵だった。
b0131531_11461115.jpg



おまけ。。。
武蔵境のお気に入りラーメン屋
「らーめん明日があるさ」
つけ麺、豚骨ベースのラーメンともにうまし!

b0131531_1130683.jpg


自転車にのって、わずかなところでこれだけ豊かな自然がある。
東京でありながら足早な時間を武蔵野の地は吸収して
緩衝させてくれているようなのだ。
[PR]
by slowlide850 | 2011-05-08 11:37 | life | Comments(0)

オーブン・ミトン

国分寺崖線のハケにその名も「はけの森美術館」はあった。
あったというのは、たまたま自転車で散策していて見つけたのだ。
うれしいことに、その美術館の裏手にはカフェがあって、
何気なく立ち寄るとコーヒーもケーキもとてもおいしいのだ。
旧・中村研一画伯邸を利用した店内は、ゆっくりとした時間が
流れている。
もともとオーブン・ミトンはもう20年以上の歴史のある
お店なんだそうである。
ここは、車でくるところではないかもしれない。
徒歩か自転車のスピードで街を散策するとちょうどいい。
そういう時間がこの街には流れている。
b0131531_10304426.jpg
b0131531_10302691.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2011-05-05 10:19 | cafe | Comments(0)