akimichi design nikki

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

"FISKARS"

フィンランド在住のいとこから、結婚のお祝いを頂いた。
フィスカルスのカトラリーセット。
フィスカルスと言われて、ん?だった。
ネットでオレンジの樹脂製の持ち手のハサミの
会社とあって思い出した。

調べてみると、現在一般的なハサミ→樹脂製の持ち手の形
は、このフィスカルス社が起源のようである。
現在は、アメリカに工場を構えているそうですが、
もとは、フィンランドの首都ヘルシンキから80キロの
フィスカルス村が創業地。
このカトラリーもフィンランドデザインらしく、
すっきり実用的でうれしい。

しかし、フィンランド製品の箱はなんとも心くすぐられる。
なんかカッコイイ。
b0131531_01818100.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2009-08-23 10:48 | life | Comments(0)

"丘のうえの木"

b0131531_23273824.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2009-08-22 23:39 | life | Comments(0)

"シカ"

シカ接写
b0131531_23201939.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2009-08-22 23:20 | life | Comments(0)

”尚仁沢 @栃木県”

お盆に、湯西川へ出かけたおり、
名水百選の「尚仁沢湧水」へ行ってきた。

車で行ける水汲み場もあるのだが、人がいっぱい。
タンクを山積みに人が群がると、いささか俗物的・・・
どんな自然を前にしても、これじゃあ絵にならない・・・
b0131531_2262268.jpg

トレッキングがてら
源泉へ、のんびり歩いて1時間ほど。
湧水への遊歩道は、沢に沿い。
とても気持ちがいい。

b0131531_2291315.jpg
b0131531_2292679.jpg

なんだか歩いていると、身体が楽になる気がしてくる。
エネルギーが身体に満ちてくる。
パワースポット?
世界的に湧水地にパワースポットは多いし、
人体の60〜70%は水でできていて、地表面積の70%は海。
水が心理的に関係があるのはうなずける。

何にせよ、すこーんと気持ちよかった。
静かな、やさしい場所です。

b0131531_2332711.jpg
b0131531_2333852.jpg
b0131531_233598.jpg
b0131531_2342199.jpg
b0131531_2353828.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2009-08-22 23:16 | life | Comments(0)

”パン”

わが家、初の自家製パン。
これが実に美味しい。

焼きたてのパンのにおいが家に充満する。
パン屋のにおいは、幸せなにおいだ。
それが家に満ちていて、たのしくなる。


b0131531_21462375.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2009-08-21 21:40 | life | Comments(0)

”チャラ〜ン”

朝起きたとたん、『チャーザー村』という単語が頭に浮かんだまま、消えない・・・
笑点ファンではない。
林家一門のファンでもない。

なのになぜ?
なぜ、突然今!?
なにかの前兆現象か?
未来からのなにか暗示か?

朝から『チャーザー村』
昼過ぎには『帰りの鞄には若干の余裕があります』も加わり、
頭のなかで、ループする。
今や『チャラ〜ン』が頭に響く。

今日は疲れた。
もう、寝よう。そうだ、きっと疲れているのだ。
一晩眠れば、きっと消える。
きっと・・・
[PR]
by slowlide850 | 2009-08-19 23:20 | life | Comments(0)

”エジプト”

b0131531_155434100.jpg


エジプトへ行ってきました。
ギザのピラミッドにアブシンベル大神殿

b0131531_15555244.jpg






じゃなくて・・・

と〜ぶわ〜るどすくえあ〜♪

一度行って見たかった「東武ワールドスクエア」へ行ってきました。
なかなか、見応えあり。
というか、上の画像なんか言われなきゃわからないレベル。。。
おそるべし、ワールドスクエア・・・

すべての模型が25分の1になっていて、面白い。
ライトの帝国ホテルと、サン・ピエトロ大聖堂とギザのピラミッドの大きさを
簡単に比較できるのだ。

ここは多少、建築史を知っていると、より楽しめる。
それは、東京タワーのロウ人形館が、ロック好きにとって笑えるのと同じだが、
ロウ人形館のザッパ像にあたるような建築はなく、マニアックさはない。
惜しいぞ、ワールドスクエア・・・

そして、シュールなのは、NYのワールドトレードセンターがあること。
なんというか、この模型を見て、狙われてしまった理由が少しわかったような気がした。

それは、サン・ピエトロ大聖堂の広場にあるオベリスクのように象徴的であり、
ツインタワーによって、それはより強調されている。
なんというか、象徴的ということは、憎しみの面からも象徴になってしまう。
まさか、鬼怒川にきてそんなこと考えるとは思わなんだが。
考えていたら、写真撮ってなかった。。。

蒸し暑い中、しっかり堪能いたしました。

b0131531_16442752.jpg

このスケールでみると、あらためて代々木体育館は、美しい。
[PR]
by slowlide850 | 2009-08-15 16:55 | architecture | Comments(0)

”きれいなんだけど・・・”

久しぶりに、ギャラリー間へ行って、
開催中の「カンポ・バエザの建築」展を見てきた。

スペインの建築家、でも、その名前をボクは知らなかった。
調べてみると、いくつかの写真に見覚えがある。
学生時代に、参考資料としてスクラップしていたコピーの中に
あったから。そこで、乃木坂へ足を運んだ。

なんともカッコイイ、クールで、知的。
で、物足りない・・・
きれいすぎるというか・・・

まあ、人間はきれいごとだけではすまされない。
なんか、建築もそのほうが、いいのかなと。
にじみ出過ぎた生活感は嫌だけど、ゴミが一つも落ちていない
遊園地もまた不気味である。
均質すぎる建築も、どこか違和感がある。

もちろん、この建築の意味することはわかるのだけど。

というわけで、なんだか戸惑ってしまった。
学生時代は、写真を残すほど気に入っていた建築なのに。
同日、夕方から友人と飲んだのだが、無性に
大衆居酒屋に行きたくなった。
飲みながら、自分の好みがかわったのではないな。と思った。
単なるあこがれや、かっこよさでなく、自分の生活や経験から、
好みがよりしぼられた結果なのかなと。

つまりまあ、それだけ年を重ねているんだなと。




b0131531_0573525.jpg

[PR]
by slowlide850 | 2009-08-10 01:08 | architecture | Comments(0)

”名前”

数年前に両親が富山へ旅行した際、何気なく入った記念館が
林秋路記念館という所だった。

版画家として名を残し記念館が建てられたそうなのですが、
このかたの、名前「秋路」は、私の名前と同じなのである。

「秋路」はめずらしい名前なので、両親も私も同名の方にはあったこともなく、
まさか旅先で偶然入った記念館が同名の方のものとは、両親もびっくり!
林秋路は本名ではなかったのですが、なんだか、親近感がわくというか
不思議な感じです。

そして、林秋路氏は明治36年11月18日に生まれ、昭和49年2月19日逝去されている。
ん!
私は、昭和49年生まれ。。。

いやいや、安直に生まれ変わりとかが言いたいんじゃないけど(笑)
でも、気になる。
風の盆もいつかは見てみたし、
やはりこれは、イカナクテハナルマイ。
[PR]
by slowlide850 | 2009-08-03 23:53 | life | Comments(0)