akimichi design nikki

カテゴリ:life( 287 )

濱田庄司記念益子参考館

b0131531_11232227.jpg
益子には度々訪れるものの、なかなか寄ることができなかった念願の場所。
建築も好きですが器も好きです。
観光シーズンでもないので貸し切り状態でゆっくり見て回れました。

展示された濱田庄司のおおらかな作品がとても素敵な上に、各地で「自分の作品が負けたと感じた記念」
に蒐集した品々がまた面白くて、もうその「負けた記念」っていうのがたまらなく素晴らしい。
濱田さんお茶目だ。なんというか陶芸家にありがちな気難しさを払拭してくれる。
作家と呼ばれるのを好まず、工人として作陶にあたったというけれど、
そうした民芸運動の精神にはとても共感します。また教えられもします。



by slowlide850 | 2018-02-15 12:18 | life | Comments(0)

日常


b0131531_11181591.jpg
もう目がかゆい。花粉が飛び始めたのを逃さない自分の花粉センサーの高性能っぷりが嫌になる。
それでも今日は雨上がりで気持ちがいいので家中の窓を開け放って、空気を入れかえる。
燃えるごみを出して、キッチンの掃除をして布団に乾燥機をかけて、事務所にも掃除機をかける。
そうして、開け放った冷たい空気の中でコーヒーを煎れてから仕事を始める。
陽射しと雨上がりの空気で気分が変わる。暮らしってそんなことが大切。




by slowlide850 | 2018-01-18 11:34 | life | Comments(0)

初詣・抱負

b0131531_11581983.jpg
家族や友人たちと食べて飲んで楽しいお正月でした。
初詣はいつもの地元の神社へ。私の両親そして私たちも式を挙げた神社。
慣れ親しんだ場所でも初詣はきりっとします。

進行中の設計に加え、今年は製作中のHPを形にするなど、事務所としては変化の年にしてゆきたいと思っています。


by slowlide850 | 2018-01-09 10:41 | life | Comments(0)

冬枯れ

b0131531_11595378.jpg
いつもの公園を散歩する。冬枯れの公園もいい。
寒い中でも歩いているとほどよく暖まってくる。
途中でもう4時間も散歩しているという8歳のゴールデンレトリバー犬を撫でさせてもらう。
ラブやゴールデンレトリーバーを飼っている方は、みなさん「人が好きで困っています・・・」と話していて面白い。
たしかに、目が合うともう尻尾を振ってこちらに飛びかかってくる。犬好きとしてはなんともかわいくなる。
この公園は場所がら地元民ばかりだし、こうしてすべてがのんびりとしていていい。
年末の忙しなさが苦手な私の逃避場所としても心落ち着く。

京都には銀閣寺へ至る疎水沿いの小道が哲学の道といわれる。哲学者西田幾多朗が思索にふけ散歩したので有名ですが、
人は散歩をすると考えがまとまったりすることがあって面白い。

私もよく、ずーっと建築のプランや図面ことを考え続け煮詰まったら、そのことは忘れて散歩することにしている。
写真など撮りながらのんびり歩いていると、ふとひらめいて考えがまとまったりする。
概ねアイデアが浮かぶ時というのは、それとは関係のないことをしている時が多い。
不思議だけれど、人はそういうものらしい。

ただ、そのためには一度煮詰まるくらいに頭を飽和させないといけないこともたしかで、
そうしないときというのはアイデアは浮かんでこない。これもまた不思議な法則のようだと思っている。


by slowlide850 | 2017-12-25 12:00 | life | Comments(0)

b0131531_22413665.jpg
妻は学生時代から花の世界に飛び込み、10年以上フラワーデザインの仕事をしていました。
ニューヨークに単身渡りフラワーショップで経験を積んだ時期もありました。
その後空間デザインの会社に移り、しばらく花から離れていましたが、
また花の仕事を頂く機会が少しずつあり、こちらは今回納品した花の一部です。
事務所の竣工写真ではグリーンコーディネートを頼んでいて、やはり室内に少し緑があるのはいいものです。



by slowlide850 | 2017-12-16 15:20 | life | Comments(0)

干し柿

b0131531_10444174.jpg
見事な干し柿。
毎年恒例の両親が作った干し柿。生産地は杉並区荻窪。
実家の庭には戦前からの柿の木があり、秋に実る渋柿を干し柿にしています。
すっかり熟練した生産者さんになっていて、おすそ分けにファンを持つほどになっている。
たしかに、そこいらで売られている物よりも甘くておいしい。


by slowlide850 | 2017-12-07 10:58 | life | Comments(0)

煙たなびくとまやこそ

b0131531_16235743.jpg
幼いころは落ち葉の季節になると、集めた葉を庭で燃やしていた。
たまにサツマイモをアルミホイルに包んで、その火に入れるとほっこりと美味しい焼き芋ができた。
寒い中でほおばると美味しい。
早い日没で暗くなった庭で、赤くチリチリと残る火を見ているのも好きでした。

はて狼煙か!?と思うほどに立派な焚火の煙になんだろうか懐かしくなる。
と同時に歌われるくらいに、やはり日本的な原風景だなとも思う。

by slowlide850 | 2017-11-27 17:02 | life | Comments(0)

尾花

b0131531_11551822.jpg
夕日を浴びて輝くススキが風に揺られている。
こんな風景を見る度に秋はもっと長くてもよいのにな。と思います。


by slowlide850 | 2017-11-23 12:08 | life | Comments(0)

富士屋ホテル

b0131531_22553734.jpg
珍しく食べものの話。
箱根に行った折、ちゃんと見たことがなかったので富士屋ホテルに立ち寄って見学。
建物は笑ってしまうほどの和洋折衷ぶりに少々辟易したものの。
昔ながらの回転扉を押して入るレストランのカレーは美味しかった。
ここまでしっかりと給仕して頂く「カレー」というのもこの先ないかもしれない。
そして評判通り、水が美味しい。
レストランの隣には、それはそれは素晴らしいクラシカルな雰囲気のバーが。
この水で加水したウィスキーはきっと美味しいのでしょう。



by slowlide850 | 2017-11-21 23:17 | life | Comments(0)

長雨と犬

b0131531_16323866.jpg
なんでしょう。今年の秋は長雨。
雨が続くと昔飼っていた犬を思い出します。
昔は庭で飼っていましたから、雨が降れば小屋にいるよりほかはなく。
雨が続くと、どんどん生気がなくなる・・・ちょっと小屋から出て空に目をやり、
再び肩を落として小屋へ戻る姿は笑うどころかかわいそうになってくるものでした。

長雨になるといつも思い出します。彼は雨が嫌いだった、そして長雨のあとの晴れた日の笑顔ったらなかった。

by slowlide850 | 2017-10-27 16:42 | life | Comments(0)