akimichi design nikki

倒木から伐採へ

b0131531_15002444.jpg
事務所兼自宅の裏手は今時珍しい広い林。
管理された林ではないのでうっそうとしていて、夏に帰宅する時などはこの林の周囲だけ
気温も湿度も変わるのがよくわかりました。
ただ昨年10月の台風では数え切れないほどの倒木があり、倒れる方向が違えば我が家にも直撃するような状況。
2階建ての家よりもはるかに高く、幹回りも太い木々が重なり合うように倒れている様にはさすがに肝を冷やしました。

ほどなくして管理者である某大手不動産会社があきらかに慌てるようにして、
敷地内の過半の樹木を伐採する計画を出して作業を始めました。
しかし、近隣住民に一切の挨拶もなく、紙切れ一枚投函して一律伐採という横暴な態度に
住民からクレームがつき作業が止まりました。
「木を切るな」という権利はないわけですが、何十年と木々のある環境に住み、
借景としてきた人の気持ちを考えると当然の反応でしょう。

一律に切らなくても弱い杉などは伐採して、他は数年に一度枝を伐採してくれれば一番いいのですが
これには維持コストが掛かります。管理者としたら一律伐採となるのでしょう。
安全性も考えれば致し方ないことだと思います。
全部なくなるわけでもなく、マンションが建って日陰になるわけでもない。

結局、工事が止まってしばらくして、我が家にも不動産会社の担当だという方が挨拶にみえた。
徹頭徹尾低姿勢なのだが、「言われたから来た」では企業の社会性を疑う。
人の心のわからない企業なのだなっと思ってしまった。

今週、我が家の裏での工事が始まり、あっという間に野原のようになった。
住んで6年、残された切り株を見ているとちょっと悲しい。
しかし今度は慌てるのは自分の方で、今まで隠れていた家が道路から丸ハダカ状態・・・
カーテンのない3階など、夜は笑ってしまうほど透け透けに見えてしまう。
まずい早くなんとかしなくては、これではちょっと恥ずかしすぎる。。。




by slowlide850 | 2019-01-26 16:06 | life | Comments(0)