akimichi design nikki

張地工場

b0131531_12120696.jpg
作り付けのソファの座り心地を確認しに埼玉の三郷にある張地工場へ。
素材や組み合わせをいろいろ試しながら、素材の特性も教えて頂きながら都度座ってみる。
比べると違いがとてもよくわかる。
市販品で安価なソファはこれですよっと見せてくれた素材は、すぐにヘタってしまうのがよくわかるもので、
手を出しちゃいけないものだとすぐわかる。

ソファは質のよいものでないと結局は買い直す羽目になってかえって高くつくので注意が必要な家具の代表格でしょう。
さらに、広い家具屋さんのショールームでは小さく見えて、いざ自宅リビングに置くと「こんなに大きかったの!?」と
ソファがリビングを占拠してしまうという、スケール感を見失いやすい点でも検討を重ねて選ぶ必要のある家具です。

ただ、作り付けのソファにすると空間に溶け込むような設計ができるのでいいですし、
新たに既製品を置く場合でも設計の段階から選定をしてゆけば、空間とのバランスを崩さずになじんでくれます。
大きな家具やTVのように存在感があるものは、設計の段階から全体のバランス見てゆかないと失敗しやすい。

個人的には、ゴロンと横になって本が読めて、気がつくとうたた寝もできる。デイベッドのようなものがいい。
ソファサイドには、さっとブランケットを取りだして体にかけられるように収納もほしいし、
珈琲や読みかけの本を置くスペースもほしい。意外とじゃまなのでソファ前のローテーブルいらないかなぁと。
でも結局ソファで爪切りをしてしまうから、手の届くところにそういった小物の収納はほしいなぁとかとか。
ソファだけでも設計要素満載です。









by slowlide850 | 2018-11-19 11:10 | architecture | Comments(0)