akimichi design nikki

出雲大社

b0131531_13025662.jpg
出雲への旅行のハイライトは当然ながら出雲大社でした。
数年前に伊勢神宮は訪れたので、神社の中でも二つの特別な存在とされる神社を比較してみることができました。

太い柱、重厚な屋根、風雨に耐える壁。そしてその大きさがもたらす存在感。
式年遷宮によりたえず若返る伊勢神宮とはまるで違うもの。
それゆえに土着的で、なんというか根付くというような「重さ」が伝わってくる。
この場所に、この大社以外が存在することなどあり得ないというような存在感。

京都の三十三間堂などでも感じますが、石造に比べれば軽い材料である木材の空間が、
石造と変わらない空間の質や存在感をもたらすことは、すごいことだと思います。

しかし、気づかずに集中して見て歩いたようで疲れたのでしょう、
その後の参道でのたい焼きと珈琲が沁みるように美味しいのでした。



by slowlide850 | 2018-10-15 13:35 | architecture | Comments(0)