akimichi design nikki

図渡し

b0131531_19085462.jpg
設計事務所から工務店さんへの見積もり発注・依頼を「図渡し」といいます。
事務的な「見積もり発注」という響きよりもこの「図渡し」の方が私にはしっくりきます。

先日『二人舎』の図渡しをしました。
依頼先は独立以来のお付き合いである遠山工務店さんです。
もう何度も見積もり頂いていますが、予算内に収まるか否かは毎回ドキドキするものです。
これまでの経験値や同規模の過去の案件を下敷きに設計内容・予算配分を考えるわけですが、
まったく同じという計画は絶対にありえませんから、見積もり結果がでるまではどこか落ち着かない日々が続きます。

さて、この二人舎の面白い点は、将来的に外観の改修を考えているので、
今回の工事では外観は変わらずに中身だけが変わるということです。

きっと、工事がはじまったら近所の人は不思議なはずです。
築40年の経年が見て取れる外観でありながら、
『ずいぶんと工事しているけど外観は変わらないし、いったい何をしているのだろう?』と。

工事が終わっても、そこにある家は外観は何も変わっていない。。。
近所の方々をちょっと煙に巻くような、小さないたずら心が芽生えてきそうです。






[PR]
by slowlide850 | 2018-06-15 21:58 | architecture | Comments(0)