akimichi design nikki

カフェ・ド・ランブル

b0131531_17401076.jpg
時間が空いたので建築家谷口吉生さん監修というGINZA SIXの外観を眺めに行くも暗くてよくわからない・・・
ならばと早々にあきらめて、お目当ての珈琲の名店「カフェ・ド・ランブル」へと銀座の夜を歩く。

東京に住んでいると『いつでも行ける』という悪しき怠慢に陥って行っていないところがけっこうある。
私の中で、この1948年創業の名店もその一つ。

有名店へゆくと時折、店が放つ必要のない圧迫感とか意味不明な「ルール」に出くわして悲しくなるけれど。
本当にちゃんとしたところはやはり居心地がよくてうれしくなる。
カウンターに座ってネルでの抽出風景を見ていると、これはショーのようなものだと思えてくる。
今煎れてるのが自分のだなっとみていると楽しくなってくる。
美味しい珈琲で、その空間を支える人の気持ちも味わえた。






[PR]
by slowlide850 | 2018-02-26 18:59 | cafe | Comments(0)