akimichi design nikki

新橋Tビル

梅雨に入ったと思ったら連日の雨続き、事務所で出力する図面が湿気でよれよれとする。
ついこの間のさわやかな五月の風が懐かしい。

新橋のTビルは、現場監督に奮闘頂き、形になってきた。竣工も近い。

しかし、現場で大変だったのは隣地建物の越境である。
周辺は戦後の闇市であり、雑居ビル街。
見上げるとテナントの看板は入り乱れ、路上にも並ぶ。そんなカオスのような所である。
隣地の建物がわずかにこちらの敷地に入り込んでいても、界隈ではさして珍しくもない。

そして、検査機関はこれを一旦は問題ないとの判断が、
のちに越境を問題視して我々に計画変更を要求。
違反しているのは、我々でなく隣なのだが・・・
隣が入り口の壁を壊すなら話はわかるが・・・

書類上の問題で、現場には変更などの影響こそなかったからよかったけれど、
こちらは、事務作業でかなり面倒なこととなった。

さて、不思議なことだが工事中の光の入り方はいつもきれいだ。
竣工時とはまたちがった魅力がある。

b0131531_19101644.jpg

by slowlide850 | 2014-06-09 19:19 | architecture | Comments(0)