akimichi design nikki

オープンハウスのお知らせ

『二人舎』
    ふたりしゃ   

― 夫婦二人のための空間 ―

このたび、設計監理をいたしました「二人舎」が竣工し、
クライアントのご厚意によりオープンハウスを開催させて頂きます。
都市密集地に建つ築40年の木造2階建ての住宅改装計画です。

場所 杉並区 荻窪駅徒歩15分
日時 12月8日・9日(土・日)
11時~17時まで
b0131531_21353957.jpg
b0131531_16440855.jpg
b0131531_12263924.jpg

<概要>
元は2戸の共同住宅だった建物を、ご夫婦のための住空間に改装しています。
3期に工事計画を分けており、今回の1期工事で室内を全面的に改装しています。
伴い、耐震補強と断熱工事を行っています。外装は近い将来に2・3期工事で行う計画です。
室内改装では外壁や既存サッシはそのままで、新たなプランとの整合・耐震補強・断熱工事をしなくてはなりません。
「二人舎」では、こうした築年数を経た建物への手の入れ方の一つの事例として見て頂けるのではないかと思います。

暮らしの面では、1階にキッチンと食堂があり、ワンルーム空間に生まれ変わった2階にリビングと寝室があります。
変則的なプランでの住まい方が可能なのも、ご夫婦二人での暮らしならではだと思います。
2階をワンルームとすることで、採光や通風が単純化されて流れるようになり、
現された既存の丸太梁などとともに、この家にしかない暮らしができていったらと思います。

また敷地が国有の借地であるため、融資交渉や様々な折衝を経て至ったこの計画は苦労も多く。
家づくりのストーリーとして、これから新築や改装をお考えの方にも「楽しい面」そして「現実的な面」など
様々なお話しができれば思っています。
どうぞご気軽にご連絡ください。

<見学に際して>
室内が狭いため予約制とさせていただきます。
土日いずれかご希望をお書き添えの上メールにて予約ください。
詳細ご案内をお送り致します。

 ・見学は一般の方・建築関係者、どなたでも可能です。
 ・メールのフィルターを解除しておいてください

連絡先メール shiba@akimichi-design.com
電話     080-5424-7600
  
お待ちしております。



# by slowlide850 | 2018-12-07 15:37 | architecture | Comments(0)

二人舎 現場

b0131531_21353957.jpg


床の染色塗装を終えて施主検査を行いました。
大きな問題も無く無事に終了です。
風の抜ける、とても気持ちのいい空間になりました。
週末に皆様のお越しお待ちしております。


# by slowlide850 | 2018-12-05 21:41 | architecture | Comments(0)

小旅行

b0131531_13430058.jpg
小旅行で山梨へ。
evam eva yamanashiに立ち寄る。森の中にひっそりと佇んでいる。
既存の木々をよけながら建物を配したとスタッフの方に伺ってほっこりとする。

# by slowlide850 | 2018-12-03 13:50 | architecture | Comments(0)

掲載誌

b0131531_13581392.jpg
本日発売の建築知識12月号で当事務所の事例をご紹介いただいております。
# by slowlide850 | 2018-11-20 14:21 | 掲載誌 | Comments(0)

張地工場

b0131531_12120696.jpg
作り付けのソファの座り心地を確認しに埼玉の三郷にある張地工場へ。
素材や組み合わせをいろいろ試しながら、素材の特性も教えて頂きながら都度座ってみる。
比べると違いがとてもよくわかる。
市販品で安価なソファはこれですよっと見せてくれた素材は、すぐにヘタってしまうのがよくわかるもので、
手を出しちゃいけないものだとすぐわかる。

ソファは質のよいものでないと結局は買い直す羽目になってかえって高くつくので注意が必要な家具の代表格でしょう。
さらに、広い家具屋さんのショールームでは小さく見えて、いざ自宅リビングに置くと「こんなに大きかったの!?」と
ソファがリビングを占拠してしまうという、スケール感を見失いやすい点でも検討を重ねて選ぶ必要のある家具です。

ただ、作り付けのソファにすると空間に溶け込むような設計ができるのでいいですし、
新たに既製品を置く場合でも設計の段階から選定をしてゆけば、空間とのバランスを崩さずになじんでくれます。
大きな家具やTVのように存在感があるものは、設計の段階から全体のバランス見てゆかないと失敗しやすい。

個人的には、ゴロンと横になって本が読めて、気がつくとうたた寝もできる。デイベッドのようなものがいい。
ソファサイドには、さっとブランケットを取りだして体にかけられるように収納もほしいし、
珈琲や読みかけの本を置くスペースもほしい。意外とじゃまなのでソファ前のローテーブルいらないかなぁと。
でも結局ソファで爪切りをしてしまうから、手の届くところにそういった小物の収納はほしいなぁとかとか。
ソファだけでも設計要素満載です。









# by slowlide850 | 2018-11-19 11:10 | architecture | Comments(0)

掲載誌

b0131531_14004954.jpg
よもやま話ばかり書いていてすっかり遅くなりましたが、
建築専門誌 建築知識17年10月号、18年9月号ににびいろの舎を載せて頂いております。

# by slowlide850 | 2018-11-14 14:07 | 掲載誌 | Comments(0)

アルヴァ・アアルト ―もうひとつの自然

b0131531_11474752.jpg
神奈川県立近代美術館 葉山で行われているアアルト展へ。
この美術館は好きです。なんといっても海に近くて気持ちがいい。
併設されたレストラン・カフェは海への眺望が素晴らしくて、美術館に寄らず喫茶だけでも利用していました。

さて、会期も終盤ですが駐車場は満車で盛況でした。
私の師であるリオタデザインの関本さんは、フィンランド留学経験がありアアルト建築に直に触れていて、
この展示への布石もされ、オープニング記念の講演会の司会もされていた。
関本さんもご自身のブログで触れていらっしゃいますが、この展示の建築写真が素晴らしい。
ドイツ人写真家のアルミン・リンケの撮り下ろしの写真がいままでにないアアルトの魅力を伝えてくれています。

建築というよりはその場の「空気」を撮っているというような写真。
その「空気」に「アルヴァ・アアルト」は溶けるようにして存在していて感じられる。そんな感覚になりました。
アアルト建築で定番のとなったカットを見続けてきた人にとっては「未視感」を覚えるんではないでしょうか。
アアルトが好きな方にこそ、この写真はお勧めです。
11月25日までで、その後巡回だそうです。









# by slowlide850 | 2018-11-12 12:19 | architecture | Comments(0)

東京蚤の市

b0131531_10101065.jpg
週末、調布市にある競輪場で行われた「東京蚤の市」へ。
何年かぶり。その時も混んでいたけどさらに来場者が増えていそうです。
人をかきわけるのが苦手なので、めぼしいお店をチラチラと見て歩く。とても全部なんて見切れない。
古道具、家具、骨董品、USED衣類、花までなんでもある。
時々、美味しそうな匂いもしてきていい雰囲気です。

それにギャンブルはやらないので、競輪場を見ているだけでも結構楽しい。
バンクの角度や観戦席からの眺望を見ては、ふーんふーんそうなんだっと。
場内にギャンブル依存症への相談所があって、そうか人によってはやめられなくなるんだろうなぁと思ったり、
普段足を向けない世界が見られて、ちょっとした社会科見学気分で面白い。







# by slowlide850 | 2018-11-12 10:38 | life | Comments(0)

二人舎 現場

b0131531_11121875.jpg
仕上工事にはいりました。
天井に現した梁にも塗装を施します。ただ丸太材の地の雰囲気やざっくり組まれた木材の雰囲気は
残しつつ着色したいので、その塗装の塗り加減が大切。
作業用の光と実際に暮らすときの光もまた違うので、頭の中で逆算して決めなくてはいけない。これが難しい。
色はずっと見ているといいのか悪いのかわからなくなる魔物だと思うので、初見の感覚で判断する。
少し存在感がありすぎるなぁと感じた梁が塗装によって空間に馴染んでいい雰囲気になった。





# by slowlide850 | 2018-11-10 11:31 | architecture | Comments(0)

十年書いてみました。

b0131531_09554802.jpg
この拙いブログを書き始めて十年経ちました。
書き始めた頃は、前職リオタデザインのスタッフで独立していませんでした。結婚もしていなかった。
文も下手ですが写真はさらに切ない。調子にのっていた昔の写真を見るような気恥ずかしさがあります。
できれば削除してしまいたいけれど、包み隠さず自分を見て頂こうと垂れ流して恥をさらしております。。。

振り返る月日というのは記憶の点の集合体のようなもので、短いとか長いとかの時間感覚が消えている気がします。
楽しかったり、嬉しかったり、辛かったり、悔しかったり。時々の記憶の点と感情。
でも不思議と辛い記憶は薄れ、楽しい記憶は浮き立つ。つくづく楽観的な性格というのはありがたい。

しかし、やはり振り返ってみて楽しいことが多いのはお施主さんのおかげです。
これなくして設計事務所を続ける喜びなんて他にありません。
信頼頂き、ともに家づくりをできるというのは私自身にとってかけがえのないものです。

書くことは好きです。学生時代に課題で書いた短編小説を先生にえらく褒められて依頼、好きになりました。
とはいえ物書きではありませんから、このブログに何を書いたらいいのかというのは
十年経ってもよくわからない。わかっていない。
建築設計事務所のわりには建築以外の話も多い、先日は眼鏡の話だし・・・。
それでも、おかげさまで読んでくださる方がいてありがたいです。

この後の十年も大きく変わっていきたいとかはありません。
今の延長線上にきっちりと自分を置き、少しでも設計が上手になりたい。そしてクライアントに喜んでもらいたい。
きっとずっと変わりません。

今後とも変わらぬご愛顧の程どうぞよろしくお願い致します。













# by slowlide850 | 2018-11-07 10:45 | life | Comments(0)