akimichi design nikki

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オープンハウス終了

上座の家のオープンハウスが終了しました。
お越しいただいたみなさまありがとうございました。
またOH終了後にはクライアントにご馳走になり楽しい時間を過ごせました。

設計の趣旨であった、風が流れる家にちゃんとなっていることや、
日中人通りのある道路から離すようにしたLDKの設定など、
打ち合わせ段階ではやはりお伝えしにくい点を、実際に暮らしてみて感じ取って頂けているようで、
安堵とともに設計者としてうれしい話を聞けました。

設計中は空間の設定やコスト面でかなり悩みましたが、過ぎてしまうと楽しい時間。
ご縁をくれたクライアントには感謝しきれません。ありがとうございました。

そして竣工後に夕景をこの家で過ごすのははじめてだったので、
その雰囲気を存分に楽しませていただきました。

風が抜けて、借景や降り注ぐ光を楽しみながらも内包的な空間。
設計段階での趣旨がしっかりと体現できていることを確認できました。

b0131531_13204099.jpg

by slowlide850 | 2016-06-27 13:26 | architecture | Comments(0)

焚火

友人たちとコテージを借りて、のんびりお酒とBBQと温泉を楽しんだ。

私は高校から大学1年生まで作家椎名誠にはまっていた。
その姿を一目見たくて、監督した映画の舞台挨拶にも行くほど傾倒していた。
その影響で友人とわざわざキャンプに行ったりカヌー体験をしたり。
椎名ワールドに憧れ、真似をした頃があった。

だがしかし、アウトドアは体力がいるしどこでも寝れないといけない。
当時は体力がなく、さらに布団かベッドでないと眠れない軟弱さゆえに、
次第にキャンプからは遠のき、椎名作品から代表的な純文学を読み、
なぜかヘルマンヘッセに傾倒するという。よくわからない文学趣向を経て今に至る。

たき火を前にすると椎名作品に傾倒していた頃を思いだす。
たまには、こうして火を見つめてあれやこれやと思いをはせるのもいい。

b0131531_19411274.jpg

by slowlide850 | 2016-06-20 19:50 | life | Comments(0)

オープンハウスのご案内

このたび,設計監理をいたしました「上座の家」が竣工し、
クライアントのご厚意によりオープンハウスを開催いたします.
みなさまにぜひご覧いただきたくご案内申し上げます.

計画は家族三人のための小さな平屋建てです.

設計のご依頼を頂いたのは独立直後のこと.土地探しから設計ははじまりました.
予算のこともあり、二年の時間をかけて粘り強く土地を探し続け、
施主はゆうに百件を超える敷地案内に目を通したのちに、この敷地にたどり着きました.

要望は、
一、平屋であること。妻屋根であること.
二、自分たちの身の丈に合ったもの.派手では無いもの.

要望に応えつつ、敷地より生じる形や施主の人柄や好みを考え設計し.
・ できるだけ素材数を抑え簡素な設えとする.
・ 日常を光が照らす空間を生む.
・ 妻屋根が家族を内包するような暮らしの家.
そのようなことを目指し、現場監督・棟梁・職方みなさまに尽力頂き竣工を迎えました.
 
みなさまにご覧いただけると幸いです.

案内状


下記メールにご連絡頂き、詳しい住所等ご案内させていただきます.
shiba@akimichi-design.com

 
b0131531_18491960.jpg

by slowlide850 | 2016-06-15 10:32 | architecture

淡々と

淡々としていると人によく言われる。
自分でも思い当たる節はある。

いつもフラットでいたいと思う。
あまり何かに流されたくない。と思う。
流されるにしても、ゆるやかな静かな流れがいい。
時とともに自分自身はいつだって変化するものだけど、できるだけ定点で外を見る目線を持っていたい。
だから、自然と淡々としてくるのだと思う。

物をつくることは地味な闘いの日々。
クリアしては次の問題点がやってくる。
臆病なので、事前になるべく回避するけれどやっぱりやってくる。
これは闘わないといけない。
闘わないと、人も物事も曖昧で安易な結論に満足し始める。

「逃げたものからは必ず追われる」とは、
経験上からくる自分にいつも言い聞かせる言葉。
そうして今日も今日とて逃げずに闘う。

b0131531_18385100.jpg

by slowlide850 | 2016-06-07 18:43 | life | Comments(0)