akimichi design nikki

<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

高円寺阿波踊り

毎年恒例の高円寺阿波踊り。
こんなに涼しい中で行われるのも珍しい。
ちょっと秋祭りの様相の中、ビール片手に堪能。

b0131531_9415752.jpg

by slowlide850 | 2015-08-31 09:43 | life | Comments(0)

暑気払い

前職事務所リオタデザインのスタッフが退職、そして独立ということで壮行会と暑気払いに呼んで頂く。
しこたまビールをご馳走になり、まさに暑気払いをさせて頂きました。

アトリエ設計事務所のスタッフは、在所3年を超えた頃から独立や次の道へ舵を切ることが多いものです。
私自身も最初から3年を目安に入所しました。
30歳で建築の道へ入ったので、入所時は34歳。
この限られた3年間でとにかく何でも吸収してやる。という意気込みは人一倍あったように思います。

とはいえ入所1年目なんてのは、毎日つらいつらい日々です。
初めてのことばかりですが、「わからない」や「知らない」はもちろん言い訳になりません。
そして当時の事務所には、所長と私の二人きりで、先輩スタッフがおらず。
所長には、怒られそうで質問しづらい。。。

なので、まずは事務所にある参考資料と本を読みあさり、
それでもどうしてもわからないことは恐る恐る聞くのです。

また図面を書くと、必ずミーティングテーブルを挟んで座り所長のチェックを受けます。
これはもう蛇ににらまれたカエルのごとき心境で、
断罪裁判のように、私の書いた稚拙なディテールの思慮のなさを裁かれる。

「建築が好きだ」くらいの情熱だけでは、この最初一年は乗り越えられないです。
でも、その一年が過ぎたある日、ふと自分に実力がついていることに気が付くわけです。
その時の喜びはよく覚えています。そして、所長に感謝するのです。

よく工務店からはウチの図面はわかりやすいとほめられます。
「施工者に伝わるように図面を書く」というのは事務所開設時からのポリシーですが、
そのDNAは前職事務所より受け継いだ物です。

写真に写る新旧スタッフは、みんなその宝のようなDNAを持っています。

b0131531_1850241.jpg

by slowlide850 | 2015-08-22 18:59 | architecture | Comments(0)

上座の家 基礎打設

上座の家は基礎打設です。

写真は打設当日に行う、スランプ値の確認や
コンクリート圧縮強度試験用の供試体採取のものです。

スランプ値とは、打設前のコンクリートの流動性を示していてとても重要なものですし、
圧縮試験は、採取した供試体でコンクリートの強度を測定するもの。
言わずもがな、とても重要な作業です。
お盆前のこの日も暑く、あまり早く固まらないように溶剤を入れたコンクリートを打っています。

b0131531_12165522.jpg

by slowlide850 | 2015-08-20 12:18 | architecture | Comments(0)

上座の家 配筋検査

上座の家の、配筋検査です。
ベタ基礎になります。
外周部に耐力壁を配置しているので、
それ以外では基礎の立ち上がりが非常に少ないものになっています。

これは、できるだけ基礎の立ち上がりを減らすことで、
わずかでもコンクリートの量を減らすコスト面での工夫です。
ローコスト住宅では、こういった小さな工夫の積み上げで
少しでも切り詰めるようにしています。

3週間後には、コンクリート強度を確認して上棟をむかえます。
それまでに、必要な図面をせっせと書き上げます。

b0131531_14445168.jpg

by slowlide850 | 2015-08-18 14:46 | architecture | Comments(0)

お盆休み

渋滞や人の多さに負けてしまう性分なので・・・
お盆休みに遠出をしなくなって数年。
今年も地下倉庫の掃除をしたり、ムカデの侵入を阻止するために
給気口をつぶしたり、網戸の建付けを直したりと
終始、家のメンテナンスをして過ごしていました。

それでも、荻窪の蕎麦屋「高橋」で冷酒を頂き。
国分寺の「ねじまき雲」でコーヒー。
意外と我が家から近い「solso farm」で植栽物色とお勉強。
と、いつものテリトリーにて楽しんでいました。

b0131531_16144120.jpg

by slowlide850 | 2015-08-17 16:13 | life | Comments(0)

車と家

暑い。

日陰のない現場で打ち合わせしていると、図面にぽたぽたと汗が。。。
図面の線がにじんでいきます。
我が家のビールと枝豆の消費量はうなぎ上りで、毎週一回の空き缶のゴミ出しの際は
ご近所さんが控え目なせいか、我が家の空き缶の量がすごく見える。。。
なんかちょっとはずかしい。。。

そして車検や整備の季節が夏なので、特に2年に一回は頭が痛くなる季節でもあります。
車検整備費がまぁどっさりとかかるからです。
車離れと言われますが、税金やら維持費を考えるとカーシェアリングや
都度レンタカー利用というのはとても合理的な考え方です。
一時は我が家も考えたことがあります。

実際、都市部の狭小地に家を建てるとなると駐車スペースを設けるか否かは、
よくよく考慮しないといけないでしょう。それほど乗らないのであれば
そのスペースを他に利用した方がよいこともありますし。
小さな車に乗り換えるのも手です。

それだけを見ても、車と家の関係というのは、とても近いものだと思っています。
家と駐車スペースの関係や、動線がうまく取れている家は素敵です。
取ってつけたような車庫や駐車スペースだと、車好きとしては
残念だなぁと思います。車への愛情がない(笑)

今年も、あれやこれやと出費のかかる車ですが、
ショールームで新車を見てくるのは、車検時の唯一の楽しみです。

b0131531_1149182.jpg

by slowlide850 | 2015-08-05 11:51 | mini | Comments(0)