akimichi design nikki

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

旅館改装-5

別室。

b0131531_17491976.jpg

by slowlide850 | 2015-04-20 17:50 | architecture | Comments(0)

旅館改装-4

旅館改装の手始めとなる二室が終わりました。

広縁の一部を縁甲板張りの文筆机として、
脇に新たな引き込み戸を設けました。
コーナー窓となり、抜けてゆく視線と入り込む風がとても気持ちがいいです。
他に洗面室・浴室を拡張し、給仕の家具なども新たに設けています。

手始めの工事が終わり、数奇屋の難しさを痛感しています。
とても奥深く、繊細なものです。
そして、そのことがとても楽しい。

b0131531_2055389.jpg

by slowlide850 | 2015-04-18 20:59 | architecture | Comments(0)

北烏山の家 1年点検

北烏山の家の一年点検に伺いました。

久しぶりに伺いましたが、ガス床暖房で冬もあたたかく。
またキッチンも使いやすいとのことで、打ち合わせを重ねて
作り込んだ成果がでていてとてもうれしい限りです。
そして、お施主さんに暮らしぶりやら近況をお聞きするのも
点検の時の楽しみです。

選んだ壁の色が、自然光によく合っていて
木製建具を通してほどよい光が入ってきていました。

b0131531_14274723.jpg

by slowlide850 | 2015-04-15 14:31 | architecture | Comments(0)

左官

数奇屋旅館の改装は左官作業に入った。
一部ジュラク壁仕上げができてきた。
すでに下塗りの段階から美しい仕上がり。
なかなか機会はないが住宅でも左官仕上げを施したいとは思う。

見事な仕事に、職人さんにコテを見せてもらった。
聞けば200本は持っているそうで。
驚いていると、親方は500本はあるでしょうから自分はまだまだです。と言う。
聞いていて「あぁ、いいな~」と思います。
仕事に誇りを持っていることがすぐにわかります。

設計は、パソコン一台也(笑)

b0131531_15373492.jpg

by slowlide850 | 2015-04-09 15:41 | architecture | Comments(0)

旅館 改装-3

改装工事となると、むしろ新築よりも大工の技量は問われる。
さらに旅館となると予約を止めるので、工期もシビアで技量にスピードも要求される。
昨日の現場監理では、思ったより進んでいてちょっとホッとする。

当然、設計管理にしても現場を見て翌日に事務所に戻って図面を
書いていたのでは間に合わないことになる。
現場の床に紙を置き、スケッチを起こして説明しなくてはならない。

結局、昨日は6時間以上。施主を交えて検討しながら、
納まりなど決めてゆく。
最後の方は、もう頭が回らない。。。

心掛けていることは、設計の指示が遅いことで現場に迷惑をかけない事。
テストと一緒で制限時間は決まっていて、その中で回答するということ。
自分の指示で、多くの人が動いていることを忘れないようにしている。

終わった頃には、とっぷりと日も暮れていた。
現場写真の一枚も撮る時間がなかったので、外壁の中塗り段階の外観をパチリ。

b0131531_14522314.jpg

by slowlide850 | 2015-04-03 14:36 | architecture | Comments(0)