akimichi design nikki

<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

中村好文展 小屋においでよ!

ギャラリー間で開催中の「中村好文展 小屋においでよ!」
に行ってきました。

住宅を手掛けることが多い方なので実作を見る機会が
少ないので貴重な展示でした。

b0131531_12522759.jpg


中村さんの建築で一番惹かれるのは、建築はもとより
お施主さんや、職人さん、スタッフなど周囲の方との距離感です。
一緒になって作っている。という雰囲気がとても楽しそうです。

複雑な建築理論でない実践的なスタンスに
つよい憧れと尊敬をおぼえます。

すてきな展示でした。

そして、こういった展示内容が無料で見れるという
TOTOギャラリー間の継続的な社会貢献の精神もすばらしい。
by slowlide850 | 2013-04-27 13:09 | architecture | Comments(0)

ぼっぽら食堂

「OCICA」と「ぼっぽら食堂」がマガジンハウスのコロカルという
WEBマガジンで紹介されています。

→「OCICA」と「ぼっぽら食堂」

OCICAもぼっぽら食堂も、社団法人つむぎやさんが支援している
プロジェクトです。
現在のぼっぽら食堂のお弁当販売も順調そうで、文中にあるように
加工場などもぜひできてほしいです。

まさに先ほど、金華山への船の発着のための整備がはじまりました。
っと報道されていましたし、
観光客が戻ってきてくれるといいですね。

b0131531_16315338.jpg

by slowlide850 | 2013-04-25 16:32 | architecture | Comments(0)

「茅ヶ崎シオン・キリスト教会」と「聖鳩幼稚園」

茅ヶ崎の街を車で走っているとこの建物が目に止まった。

「茅ヶ崎シオン・キリスト教会」と「聖鳩幼稚園」手塚建築研究所設計。
調べたら竣工直後で、どこもピカピカ。亜鉛メッキがまぶしいくらい。

屋外階段の取りつき方がかっこいい。

b0131531_1025746.jpg


しかし、一目見て手塚建築とわかる意匠、アイコンがすごい。
作品性がとても明確な建築家。

ふじようちえんも見にいきましたが、園児のいない時間でも、
たのしそうに遊ぶ園児たちが想像できるほどにたのしそうな計画でした。

中央部は礼拝堂のようです。

b0131531_10135748.jpg


入口の船舶照明がかわいい。

b0131531_1016794.jpg


期せずしていいものを見ました。
by slowlide850 | 2013-04-24 10:20 | architecture | Comments(0)

tokyobike

先日tokyobikeの高円寺ショップへ行く。

b0131531_15124940.jpg


いろいろな色が新しく出ていて、かつ実にツボをつく色相がたまらない。
奥さんの試乗できたのに、自分がほしくなるほど。
乗り比べると、自転車って微妙な違いが乗り味を大きく変えるものなのが
わかって勉強になる。

ショップの内装も低コストでうまく作ってある。
でも、むしろそれがtokyobikeのイメージに合ってる。
by slowlide850 | 2013-04-23 15:24 | roadbike | Comments(0)

夕暮れとウィスキー

b0131531_9314513.jpg


昨日は夕暮れの風がとても気持ちいいので窓をあけてウィスキー。

風が吹き込む家。
窓を開けはなてる家。
夕暮れが楽しめる家。

そんな家がやはりいいです。
ウィスキーもいっそうおいしくなりますし。
by slowlide850 | 2013-04-22 09:39 | life | Comments(0)

HEIWA SCALE

b0131531_8574262.jpg


「HEIWA SCALE」

平和を測れる機械らしい。
by slowlide850 | 2013-04-19 09:02 | life | Comments(0)

カメラ!カメラ!カメラ!

現場監理でカメラは必須である。
ないと仕事にならない。

とかく壁を張って隠ぺいされる設備などは
事前に写真をとり、万が一の時の配管位置の特定に役立てるので重要。

しかし、現場ってのは暗い事が多くて困る。
一時は一眼レフを現場に持って行ったが
明らかにやりすぎ感が満載で、職人さんたちに何を本気で
写真を撮っているのかとおもわれていそうだった。

そこで、この開放F値1.8のカメラにしたのだけど

b0131531_18521929.jpg


もうすこぶる明るく撮れてたのしくてしょうがない(笑)

だからいって撮ったわけではないけれど。。。
琵琶の家の現場は、搬入された家具や何やらでカオス状態である。

b0131531_1991218.jpg


奥では、監督さんと棟梁と家具屋さんでなにやら密談中(笑)
ここで解決しないと、設計の私に声がかかり
「この部分がこういう状態ですが、どうしましょうか?」と質疑を受けるのですが、
この日は解決したらしく呼ばれず。

奥では、左官屋さんがタイルを張っている。
棟梁の仕事がきれいなので、タイル割りがうまくいっている。

b0131531_1994194.jpg


そして、外壁は下地塗りが完了。

b0131531_19122740.jpg


だいぶ形になってききました。
さあ、ひと月後は竣工です。
by slowlide850 | 2013-04-18 19:20 | architecture | Comments(0)

エンジニア

大学の機械科を卒業したせいもあるだろうか。
なにか実践的な技術を持つ専門家、エンジニアへの敬意が
私の中ではとても強い。

それは現場の職人さんはもとより、車のプレス技術であり
携帯電話の高機能化であり、プラスチックの成形技術であり、
どうやってつくったのよ、これ!?というものに出くわしたときの
エンジニアへの敬意である。

そしてその大半が無名エンジニアの積み上げてきた技術の歴史。
その点もかっこいいと思う。
(もっともっと陽の目を見てほしいけれど)

技術ってすごいと初めて思ったのは、小学生の時で
何気ないビールなどのアルミ缶である。
底側につなぎ目がないんである。筒にも関わらず。。。
それは後でプレスしているとわかるけれど、
小学生の私には溶接して研磨してわからなくしてあるのかな~?
などとまか不思議だった。

最近では、ボトルネックのアルミ缶もすごい。
絞り加工なのか。プレスなのか。ねじ切りの最初と最後の処理も
微妙な圧のかけ方で、きっと試行錯誤したんだろうなと勝手に思う。

b0131531_10565132.jpg


といった具合にエンジニアの影の仕事は本当にすばらしい。
当たり前の日常品に、すごい技術が隠れていることが
かっこいいなっと思ってしまう。
by slowlide850 | 2013-04-17 11:11 | architecture | Comments(0)

タケノコ

毎年実家でとれる筍の季節になった。
これが柔らかくて、えぐさもまったくなくてとても美味しい。
季節のものが実家でとれるのはありがたい。

b0131531_962812.jpg
b0131531_963921.jpg


竹は地面がもりあがっているなと思うとすぐに生えてくる。
昔飼っていた犬などは、目ざとく自分で見つけて掘って食べていた。
竹は成長スピードがとても早いから、
のんきにほおっておくと成長しすぎで食べられなくなる。
まめに掘ってくれる父親に感謝である。

竹は日本人の琴線にふれるものでしょう。
しかし、都市部での竹はご承知のように植栽には向かない。
ところ構わず根を張り、あたりかまわず時に隣地へも筍は生えてくる、
アスファルトくらいならなんなく突き破って生えてくる。
さらに竹の葉は、雨どいを詰まらせやすい。
トラブルになりやすいので敬遠されてしまう。

でも、竹が風にゆれてでる音は特別ですね。
木々とは違い、サラサラと実に情緒があっていい。
竹林の音こそ、むしろ静寂というのかもしれません。

b0131531_9205618.jpg


この画像は実家じゃないです(笑)
近所で一番の竹林を持つ観泉寺です。
by slowlide850 | 2013-04-12 09:26 | life | Comments(0)

好奇心

人を突き動かすものはたくさんあると思う。
だれでも、なにかに動かされているのではないかと思う。

私にとってのそれは好奇心で。
なぜ?どうして?という物心ついた時から続く疑問が
今も日々沸いては考え、想い、わかることもあれば、
わからないこともある。

建築という仕事もまた、好奇心のかたまりのような仕事だから
飽きることはおろか知りたいことばかりで
むしろ、時間が足りない。。。

となんだか、前向きないいことばかりだけれど一つ困ったことに
好奇心から身に着けた知識や言葉が、私のわずかなメモリーから
すぐに消えていく・・・・この意味ないよ感はどうしよう(笑)

ともあれ、好奇心さえあれば、どこでどう居ても幸せをつくれる。
日常も旅も好奇心が幸せをくれる。

歯科医院改装の打合せで早く着いた夕暮れの茅ヶ崎の海岸。
曇り空でものすごくシュールでしたが、久しぶりの海の匂いと
風が気持ちいい。

b0131531_1041964.jpg


b0131531_10165321.jpg

by slowlide850 | 2013-04-09 10:32 | life | Comments(0)