akimichi design nikki

<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ポタリング

休日に時間ができてこんな空だとじっとできずにロードバイク。
b0131531_12102348.jpg


昭和記念公園へ。
きれいに紅葉していた。

b0131531_12105013.jpg


b0131531_12113125.jpg


b0131531_1212466.jpg

b0131531_12125793.jpg

by slowlide850 | 2012-11-27 12:14 | roadbike | Comments(0)

「古道具、その行き先 -坂田和實の40年-」

松濤美術館で行われていた。
「古道具、その行き先 -坂田和實の40年-」展に行った。

b0131531_2012176.jpg


古道具坂田へはじめていったのは、吉村順三記念ギャラリーからの
帰り路に、ふと立ち寄ったのが最初だ。
もう何年も前のことだけれど、よく覚えている。

この展覧会が、松濤美術館で行われるのは
きっと必然なんでしょう。
それほど建築家 白井 晟一氏による松濤美術館と
展示が見事に「ハマって」いたから。

時流に流されない建築は、この展示のためにこそ
あると言ってもいいすぎではないのかもしれない。

b0131531_2022776.jpg


b0131531_2031392.jpg


b0131531_2034284.jpg

by slowlide850 | 2012-11-26 20:24 | architecture | Comments(0)

ふつうであること

「ふつう」のことを愛せるようになるには、
年を重ねないといけないのかもしれない。

10代の頃「ふつう」は退屈を意味して、「ふつうじゃない」ことへの
あこがれが拡がっていた。

絵本作家 いわさきちひろさんの言葉にこんなものがある。

「よく、昔に帰りたい、若い頃に帰りたいと言う人がいるけど私は嫌だ。
 あんなに我がままで無知で、失礼極まりない娘時代に戻りたくは無い
 それよりも隣でごろごろしている夫と、年老いた母の世話をしている
 今の自分の方が、断然いい」

「ふつう」の日常とは、その足が地についた時に
愛すべき日々へと変化するものだろうか。
そんな「ふつう」を内包して、ともに過ごせるような家こそ、
「いい家」と呼ぶのではないかと思う。

立冬の「ふつう」の空。
でも、これがきれい。

b0131531_10144365.jpg

by slowlide850 | 2012-11-21 10:07 | architecture | Comments(0)

りっとうの湖

先週行ったときは、まだ紅葉も浅かったけれど、
この日のイチョウは色づいていた。

45kmのポタリング。

b0131531_144694.jpg
b0131531_1441394.jpg
b0131531_1442452.jpg
b0131531_1444425.jpg
b0131531_1445354.jpg

by slowlide850 | 2012-11-11 14:06 | roadbike | Comments(0)

事務所 便り

事務所の日常は、8時30くらいから始まる。

外出する用がなければ、PCを立ち上げながらコーヒーを飲む。
いきなり仕事はしない。
建築の本を読んだり、建築専門誌に目をとおして
新たな建材探しをする。
個人でやっていると情報の更新は意識しないとものすごく
とどこおってしまうしまうから。

9時30からは仕事を開始。
遅くとも21時までとして車か自転車で帰宅する。
気を付けないと仕事をし続けるタイプなので、21時は厳守。

なので、毎週、毎日の予定をたてて効率よく仕事をするのが好きだ。
しかし、記憶力はおそらくニワトリ以上幼児未満を自認しているので
予定やら、やることはメモしている。
どこにメモしたかすら忘れるので、一か所に書く(笑)

そんな日常が好きである。

b0131531_10121055.jpg


知り合いのお店においてもらう事務所の置きチラシ
をつくりました。
こういうこともまた楽しい作業なんである。
by slowlide850 | 2012-11-09 10:13 | architecture | Comments(0)

天のしずく

ひさしぶりに映画館へ行った。
「天のしずく」辰巳芳子"いのちのスープ"を見てきた。

見終えるとほっこりとスープを作って飲みたくなる(笑)

生きていると楽しいことばかりではない。
あたりまえですが、大変だったり、忙しさにかまけてマヒしてしまったり、
いっぱいいっぱいで人に優しくなかったり、人のせいにしたり、感謝しなかったり、
傷つけることで優位性を保ってみたり、満員電車でエネルギーを吸い取られたり、
ちいさな出来事に長く人知れず傷ついていたり。

あげればキリがない。みんな同じだと思っています。
ボクとて一人反省ミーティングをいつもしている(笑)

といって厭世的な考え方はもちろんしません。
一瞬で人は絶望から引き上げられもし、またその逆も。
といって運命論もできれば遠ざけていたい。

この映画を見て考えさせられ、日常の怠慢が少しだけはずかしくなる。

丁寧につくられたドキュメントでした。
丁寧に仕事をし、人と接すること。

すてきな映画でした。
by slowlide850 | 2012-11-08 12:23 | life | Comments(0)

アンチウィルスソフト

プレゼンが重なっている今日この頃。

何かあってはいけないので
アンチウィルスソフトは欠かせません。

        ↓











































b0131531_17391686.jpg

by slowlide850 | 2012-11-03 17:36 | life | Comments(0)

新橋 テナントビル計画

新橋駅そばの低層の雑居ビルの建て替え計画の
提案がまとまりました。

間口6.5m、奥行9mほどの小さな敷地に、
既存のもう使われていない古い建物を取り壊して
鉄骨造3階建てのテナント賃貸ビルを新たに建てるものです。
(3F建てもビルっていうのだろうか。。。)

かつて、店舗設計をしていたこともあり、
テナント側が入りやすい建物がどんなものかは熟知しています。
その経験を生かして使いやすくかつ、飽きのこない設計としています。

開口の大きさを利用し、バランスのよいファサード設計・デザインとなる
建築を目指しています。
そして、雑居ビル地域にあって、
しっかりと整理されたデザインは、かえって人目を引くでしょう。

隣地建物との間がまったくないような地域なので
施工性もすでに勘案してあり、無足場工法での施工もできるように
考慮してあります。

b0131531_148452.jpg

b0131531_1492366.jpg


周囲の雑居ビルに対して、1Fは「引き」を設けて入口があります。
b0131531_14115019.jpg


3Fは、開け放った開口から風を吹き入れることもできる
バーラウンジ向けに設計してあります。

b0131531_14135134.jpg


普段、設計は住宅が多いので、商業建物は新鮮でおもしろい。
ただ、根本は住宅も商業も一緒。

さて、一仕事終えた今夜はゆっくりお風呂に入って
頂き物のジョニーウォーカーダブルブラックを
ハーフロックで(笑)
by slowlide850 | 2012-11-02 14:14 | architecture | Comments(0)