akimichi design nikki

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

”tomato”

トマトを収穫。
苗からだから水と肥料あげただけ。
でもなんだか、すごくおいしい。
みずみずしい。

b0131531_0231618.jpg

by slowlide850 | 2009-07-28 00:26 | life | Comments(0)

”感謝”

なぜかはわからないが、今年前半は、友人たちの結婚ラッシュである。
じつに6組!
自分をいれたら、7組。

そのウチの一組と共通の友人たちにあった。
同業の彼らにあえるのは毎回楽しみだ。

そんな友人たちから、思いがけず結婚を祝ってもらい感激。
ほんとうにうれしい。

プレゼントにヘリコプター遊覧のチケットを頂いた。
念願のヘリ!
エアーウルフ体験!
今からもうたのしみ!

b0131531_062371.jpg

by slowlide850 | 2009-07-27 00:12 | life | Comments(0)

"あついぞ!熊谷"

熊谷で現場監理がはじまった昨日、途中の市内にある有名な温度計を横目に
現場へむかうのだが、そこには、

”現在の気温38℃”

お~さすがは、熊谷!
車外の風景がおそろしく見えてくる。
車内はさしずめシェルターである。

しかしなんだって、熊谷は暑いのか。
どうやら、都心のヒートアイランド現象の熱が熊谷の地に
降り注ぐのと、フェーン現象のようである。
八王子が暑いのも同じ仕組みのようである。

高層ビルによって巻き上がった熱い海風の着地点が熊谷・・・
なんとも、ハタ迷惑な話。

現場の職人さんは大変である。
まさに汗をたらしてである。

そんな日の夜に経済ニュースをみると、不思議な気分になる
経済評論家や、コメンテーターが経済の動向をはなしているが、
昼間の暑さや職人さんの汗やらと、その世界はリンクしない。

ボクの現実は、家が立ち上がっていくこと、見てふれて感じることができる。
経済には、いつも実体がない。
だから、リンクしない。

巻き上がった熱風が降り注ぐ熊谷の暑さと現場にある感覚は、気持ちがいい。
熱風をつくりだしている実体のないビル郡より、生に合う。

でも、"あついぞ!熊谷"
by slowlide850 | 2009-07-17 23:44 | architecture | Comments(0)

"印象"

印象とはなんだろうか?

辞書を引くと「人間の心に対象が与える直接的な感じ」ってなことのよう。
”感じ”で締めくくられると、嫌な感じとかいい感じとか、かーるい感じですが。

しかし”直接的な感じ(印象)”とはなんだろうか?

建築を見ていて、直感的に苦手なものがある。
ポストモダンと、タイルで覆われたマンション、
それに、磯崎新の建築である。

苦手なのだから、磯崎建築を見たことはない。わざわざ足は運ばない。
だから本も読んだことはない。雑誌の短文の拾い読み程度である。

それが、面白いよと貸してもらった。「磯崎新の都庁」平松剛著を読んでいたら、
印象が変わってしまった。
つまり、”直接的な感じ(印象)”は違っていたようである。

日常の大半は、”直接的な感じ(印象)”の集積のような気がする。
いちいち、意味や本質を突ついてるほど、ヒマでもないし、そんなこと
していて何になろうか。
しかし、一冊の本で覆されることもある。
まず食べてみることだと思う。食べずに語るくらいなら、
口をひらかないことを選びたい。

足を運ぼう。
水戸に行ったことがないし、水戸芸術館あたりへいざ。
by slowlide850 | 2009-07-15 00:50 | architecture | Comments(0)

"明治村"

2週間ほど前だが、
愛知県は犬山市にある明治村に行った。
事務所で行ったので、社員旅行である。
念願の帝国ホテルが、こんな機会に見れるとは、幸せ。

明治村のあと、豊田市美術館にも行ったのだが、明治村と豊田市美術館に
関係があるとは後で知りました。

つまり、明治村の発端をつくったのは、谷口吉郎氏で。
その息子である谷口吉生氏の設計になるのが、豊田市美術館であるということ。
知らなんだ知らなんだ。
さらに、行くまで明治村=オランダ村的なイメージでいたので、ビックリ。
広いし、歴史的な文脈のしっかりとした建物が多い。



b0131531_21472498.jpg

そしてそして、敷地の一番奥に、ライトによる帝国ホテルはありました。

遺跡かっ!

b0131531_21494298.jpg


美しい。
内部は、低い天井と吹抜け、絶妙なスキップフロア。
視線が必ず抜けるので圧迫感などもなく。
鬼気せまる装飾が、なぜかうるさくもなく、静かな気持ちにさせてくれる。



b0131531_21585849.jpg

ああ〜、ライトはなんでも知っていたんだな〜と思う。
これで、現存するのはごく一部である。
ため息がでる。

素敵な旅行になりました。
by slowlide850 | 2009-07-07 22:01 | architecture | Comments(0)

"万歩計"

通勤は車。
現場監理でもないと、一日中座りっぱなしの仕事。
自宅も1階で、仕事場も1階。
階段の上り下りすらしない。
いったい一日の歩数はいくつくらいだろうと、万歩計を買ってきた。

と、こういうことのようです↓

b0131531_2312717.jpg

1日分の歩数=1564歩

おお!少なっ!
試しに、電車通勤の日は、仕事場まで片道2200歩程度だから、
1500歩はものすごく少ないことがわかる。

こうも少ないと、逆に「1日は最小限、何歩で生活可能か?」試したくなる。
1000歩は切りたい。

7月の達成目標である。
by slowlide850 | 2009-07-04 23:45 | life | Comments(0)