akimichi design nikki

カテゴリ:mogul ski( 10 )

吹雪+スキー

去年もそうだったけれど、今年も冬が冬らしい。

幼い頃の記憶にある冬とは、こんな冬だったけれど、
それからは毎年のように暖冬となり、日帰りスキーに行く程度ならば
完全凍結路に出くわすことはなくなっていた。

それは、もう20年ほど通っている群馬の川場スキー場も同じで、
スノータイヤさえ履いていれば2月後半などまったく問題なかった。

が・・・
b0131531_12152353.jpg

強い寒気が入り込み、強風警報がでていたこの日。
スキー場への道で列をなすように、車がスタックし始める。
大した坂でもないのに四駆車ですら登れない。
積雪も、気温の低さも例年よりずっと多く、寒い。

ゲレンデも、ホワイトアウトしている。。。
b0131531_12223637.jpg


なーにも見えない(笑)
久しぶりの悪天候のなか、滑るだけ滑って引き上げる。

ちょっと今までの感覚ではいけないのかもしれない。
スノータイヤ+チェーンは必須。
脱出用具もあるといい。

しかし、地元の人はなぜスイスイ走っているのか?(笑)
うまいものです。

b0131531_12334531.jpg

by slowlide850 | 2013-02-25 12:35 | mogul ski | Comments(0)

スキーブーツと10年

このところ年に一回と化したスキーへ行ってきた。
b0131531_14184177.jpg


思えばもう、20年もこのゲレンデに通っている。。。
群馬県川場スキー場。
この強風で有名なスキー場は、めずらしい立体駐車場を
完備していて、帰りに車の雪おろしもないし楽チンだ。

まぁ、そんなゲレンデで小さな小さな出来事があった。

物持ちのよさはなぜだかすごくいいので、
使っているスキーブーツはとうに10年以上を経過している。
そろそろ買い換えようと思いつつ、ずるずる。。。

そして、その日いよいよ別れの日がきた。
見ていただきたい↓

これが、通常のブーツのかかと写真だ。
b0131531_14194451.jpg

そしてこちらが、10年以上も使い込んだ末路。
ゲレンデで大破したかかとである・・・
b0131531_14202650.jpg


かかとが大破したスキーブーツを見ることは、
そうそうないでしょう(笑)
レアですよレア・・・・・
by slowlide850 | 2012-03-10 14:37 | mogul ski | Comments(0)

ski

2/11(土)。都内に大雪予報が出されるなか、ならば高速道路は
混まないだろうとスキーに出かけた。
甘かった。。。
関越練馬〜花園まで3時間・・・
友人が車をだしてくれるので運転はしない。
渋滞になんだか申し訳ない気持ちになる。
雪道を嫌う人は多いが、ボクはかえって運転したくなる。
重度の運転好きである。
b0131531_2146475.jpg



スキーの気持ちよさはいろいろあるけれど、
雪が音を吸収したあの静けさが好きだ。
バックカントリーのように、整備されていない木立の中や
斜面を滑る心地よさはまた格別。
ハイクアップする元気はないので、リフトからアクセスできる
解放されている未整備エリアは無精な身にはありがたい。
また最近は、無意味にゲレンデにBGMを流さなくなったのも
うれしい。

常設のモーグルコースがあり、近いこともあり群馬の川場スキー場を
ホームのように利用して10年以上が経つが、もう普段運動しない身には
モーグルが辛い。。。
そろそろ、バックカントリーをやってみたい。
それにも体力はもちろん必要なのだが。
by slowlide850 | 2011-02-13 21:47 | mogul ski | Comments(0)

"剣岳 点の記"

映画「剣岳 点の記」が公開されている。

なにやら、険しそうな登山風景が宣伝でながれていて、
こんな山に登るの大変だろうな~と思っていた。

が、先日小さい頃のアルバムを見返していたら、
母と兄と、剣岳山頂の標識の前で撮った記念写真を発見...

のぼってんじゃん!

小学生のころ、休みとなると登山に出かける家庭で育ったので、
いろいろな山に登った。
ゆえに、どれが登った山か全部は覚えていない。

だが、写真を見て思い出した。
有名な登山ルート上の、カニのタテ這い・ヨコ這いと呼ばれる鎖場を抜けて
登頂したのだった。
弱冠12才。

滑落するとまちがいなく死ぬような鎖場を
両親がこともなげに、登らした影響だろうか、今では、現場の足場の登り下りが
メチャクチャこわい・・・トラウマ!?

しかし、今になって思うと、本当にいろんな所へ連れていってくれた。
その体験が、なにものにも代え難いものだと気がつくのは、
ずっとあとになってからだが、ありがたいことである。

某DLにいくよりも、はるかにすばらしい体験である。

愛されて育てられた記憶とは、それだけで贅沢なものである。
次に世代に渡すものは、エコなんて騒がなくても、
そんな記憶でもいいのかもしれないな~。

時間つくって、この映画は観にいこっと。
by slowlide850 | 2009-06-25 13:46 | mogul ski | Comments(0)

"viva! mogul"

ひさしぶりに、日曜日スキーに行った。

向かうは、GALA湯沢のモーグルバーン。

スキーをしていると、日常をわすれる。
仕事も、家族もなにもかもわすれる。
へたすると、自分がだれかもわすれる(笑)
それくらい、楽しい。
一週間は、筋肉痛になるとわかっていて、コブに挑む。
息を切らしてなお、コブに挑む。
膝が笑いだしてもなお、コブに挑む。
それくらい、楽しい。

本気で一日遊びました!








b0131531_038855.jpg

by slowlide850 | 2009-03-06 00:37 | mogul ski | Comments(0)

"K2"



今週末は、ようやく初すべり。
去年、K2ヘルメットも買って準備万端!
え〜と、天気は〜。

よっしゃ!晴れ!
b0131531_0582737.jpg

b0131531_115572.jpg

by slowlide850 | 2009-02-19 00:59 | mogul ski | Comments(0)

”S-AIR ウォータージャンプ”

まさか、これをやるとは思っていなかった。。。

2006年に西武園の一角にできた、”S-AIR”ウォータージャンプに挑戦。
ウォータージャンプは、スキーやスノーボードの雪上での
ジャンプ(エアー)練習用に、プールをつかうものです。

ウェットスーツ、ライフジャケット、ヘルメットを装備して、
あとは、気合い。。。
b0131531_21484065.jpg


初心者台は、余裕〜。
スキーはいて泳ぐの新鮮!
で、おとなりの中級者台へ、こえ〜(笑)
飛び込めるんですが、へっぴり腰・・・
撮った動画を見たら、かなりせこい・・・
目標のミュートグラブ360°という技への道のりは、
果てしなく遠くなった・・・

でも、結局朝から夕方まで、飛びっぱなし。
スキーとなると、ストイックに楽しむのは、
ゲレンデもウォータージャンプも変わらないようです。
by slowlide850 | 2008-07-21 22:15 | mogul ski | Comments(0)

"SSAWS”ザウス

夏になると、スキーに行きたくなる。。。

千葉県船橋市の屋内スキー場に夏となるとよく行っていたせい。
世界最大規模で、建物は銀河鉄道999の駅のようでした。
行くたびに、よくもつくったな〜と思ってました。
当時はあえて真夏にスキーというのが、おバカっぽくてよかった。

外は30℃、ゲレンデは、マイナス2℃。
滑り終わって駐車場にもどると、熱風に海のにおいを感じるシチュエーションに
現実感覚がねじまがっておもしろかった。

が、2002年閉鎖。。。

跡地にできたIKEAにも行きましたが、まったく面影はない。
振り返ってみると、やはり狐につままれたように現実感がなく。
僕の記憶の中で、ぼんやりとゆらゆらしたまま揺らぐ建築物は、
今のところ"SSAWS”だけだな〜。

b0131531_1272679.jpg

by slowlide850 | 2008-07-11 01:28 | mogul ski | Comments(0)

"SKINOW"

先日、スキーの話を友人としていると、
かつて、テレビ東京で放映されていた”SKINOW”の
話題になって盛り上がりました。

知っているという方は、30歳くらいまででしょうか。
SALOMONがスポンサーで、ナレーターは、クリス・ペプラー。
10年くらいつづいたんでしょうか?
海外ヘリースキーの映像も豊富で、「いいな〜」と毎週見ていました。

そんな、あこがれの”SKINOW”の収録にたまたま出くわしたのは、
大学1年の時に行った斑尾高原でした。

そこではじめて、FREE STYLE SKIを見ました。

そう、そこにいたのは、モヒカン小林!
『うぉ!すげーっ』と一瞬で心をわしずかみにされ、
そして、MOGULを始めました(笑)
それまでは、1級取得を目指してましたが。。。

しかし、当時はモーグルの情報は少なく。
とりあえず、自分でストックを短く切り落とし。
まさに、見よう見まね。モーグルスクールもなかった
ように思います。
SKINOWがモーグル特集なんていうと、ビデオ録画して
繰り返し見てました。

きっと当時はみんな似たり寄ったりの状況だったんでは
ないでしょうか。

モヒカン小林さんは、今、NATIONAL TEAMのコーチですが、
もう、モヒカンじゃないんでしょうか?
by slowlide850 | 2008-05-05 21:30 | mogul ski | Comments(0)

”08シーズン終了”

今シーズン最後のスキーへ。
ETCを使って高速料金半額で行くために、早朝3時起き。。。

友人宅で車を乗り換え、都内のゲートを朝6時までに通過。
だいぶ日の出が早くなりました。
朝の高速は気持ちいいです。
そして、100km圏内の沼田I.Cへ。

ガーラ湯沢が強風で閉鎖の為、玉原スキーパークへ。
天候は濃厚ガス。
午前券で、ボーダーにまじりひたすらストレートジャンプ!
だいぶミュートグラブができるようになってきて、
天候も気にならず楽しい。

午後は、国道17号を南下して、渋川伊香保へ
友人おすすめの、水沢うむどんの老舗「清水屋」へ、
創業400年って、すごい。。。
ここだけという、ごまダレがおいしい!
いいお店教えてもらいました。
ちなみに、この界隈には、ずらりとうどん屋さんが並びますが、
友人曰く、『ほかで食べてまずくて、わざわざ清水屋で食べ直した』
そうです(笑)

次に、伊香保温泉へ、傾斜地に乱立する旅館、ホテル。
大型トラックは侵入できない路地ゆえ、解体も建て直しもできない
のでしょう。
街全体が老朽化してます。
それが、風情でもあり、おそらく深刻な街の問題でもあるのでしょう。
でも、路地に迷いこんだような入りくんだ感覚は、
温泉地ならではのようで、雨で肩を寄せ合うカップルが
楽しげに見えてきます。

もちろん、温泉につかりのーんびり。
雨にうたれながらの
露天風呂と新緑、染みますな〜。



b0131531_2233390.jpg
b0131531_22105450.jpg
b0131531_2211692.jpg
b0131531_22111991.jpg

by slowlide850 | 2008-04-27 22:16 | mogul ski | Comments(0)